選んで安心♪ OTSレンタカーのユニークな車両をご紹介

選んで安心♪ OTSレンタカーのユニークな車両をご紹介

海外レンタカーで気になるのが車種。同じ車でも外国車は意外とわかりづらく、違和感を覚えることがありますよね。OTSレンタカーはすべて日本車で、他社とは少し異なる車両ラインナップ。燃費がよく、高年式で衝突回避支援機能のToyota Safety Sense(一部車両を除く)も付き、安心・快適にドライブが楽しめます。

OTSで借りられる車種はこちら!

OTSで扱っている車両はすべて日本車で、一部を除き衝突回避支援機能のToyota Safety Sense付き。他社ではなかなか見つからない、日本で人気の高い車種を取り揃えています。ニュージーランドはガソリン代が高いため、パワーのある大型車をリーズナブルに借りても燃費が悪く、ガソリン代が余計にかかってしまうことも。その点、OTSの取り扱い車種は低燃費なので高コスパ。OTSならではのラインナップと各車種の特徴をご紹介します。

トヨタ - プリウス(A 4WD/2016年式~)

いわずと知れたハイブリットカーの世界的先駆け。OTSでは現行モデルの第4世代プリウスを揃えています。ニュージーランドは環境保護の先進国ですが、同車種を扱うレンタカー会社はほとんどありません。ハイブリットとはいえ、1.8リッターのe-four(パートタイム4WD)なので快適。お財布にも優しく、エコなドライブが楽しめます。

トヨタ - C-HR(G-1.2T 4WD/2017年式~)

トヨタが2017年に発売したSUV。スポーティーなルックスと高い性能を誇り、直線やカーブの多いニュージーランドの道路でもスムーズに走行できます。4WDなので山道やスキー場でもパワーを発揮します。

ニュージーランドのレンタカー市場ではSUVが大人気で、他社でも大型SUVは豊富に揃えていますが、小型SUVのC-HRとなるとかなり稀。1.2リッターエンジンによる低燃費車両なのでこちらもエコなドライブを可能にします。

トヨタ - VOXY(ZS 4WD/2017年式~)

2名以上のグループやファミリーにピッタリで、日本でも人気のミニバン車両。車内は広く、フロンドガラスも大きいため絶景を存分に堪能できます。車両の大きさとは裏腹に2.0リッターエンジンは大きすぎない絶妙なサイズで燃費も◎。4WD仕様で山道やスキー場へのアクセスもラクラクです。

トヨタ - ハイエース(グランドキャビン 4WD/2016年式~)

ドライバーを含めて10人乗りというOTSで一番大きな車種。10人乗っても十分な荷台スペースがあり、グループや2世代家族旅行で活躍します。なお、こちらのクラスは国際免許証のDスタンプが押されていないと運転不可なのでご注意ください。

*車両のラインナップは2019年9月現在となります。ご予約時にグレートなど異なる場合もございます。

車種選びのポイントをチェック

事前に快適に乗れる上限人数や荷物の積載量を確認することが車種選びの重要要素。「荷物が入らない……」なんてことにならないよう、車両の定員だけに気を取られず、荷台スペースは必ずチェックしましょう。

長距離走行の多いニュージーランドでは、人が乗れば乗るほど「重い」「燃費が悪い」「狭い」となって快適さも損なわれるので、ドライブ疲れが残らないよう、以下を参考に予定人数に対して余裕のある車種選びをおすすめします。

プリウス/HCクラス

  • 快適な人数:2~4名
  • 荷物:2~3個

2名での利用が最も多く、その場合は荷物も問題なく収納できます。4名で利用するなら荷物の大きさや数の確認と調整がおすすめ。燃費がよく、街乗りも長距離も快適。車高が低いので、前方の視界が気になる人はC-HRやVOXYを選択するといいでしょう。

C-HR/C-HRクラス

  • 快適な人数:2~3名
  • 荷物:2~3個

OTSで一番人気の車両。小型で燃費がよく、程よい車高で乗り降りが楽です。長距離でも1.2リッターエンジンとは思えない快適な走行を実感できるでしょう。後部座席と荷台はプリウスよりもやや小さく、2名での利用が多い車種です。

VOXY/WBクラス

  • 快適な人数:4~6名
  • 荷物:2~4個

2人以上のグループで快適に乗りたい場合や荷物が大きい又は多いときはこちらがおすすめ。4名利用の場合は快適に着席でき、3列目の座席を収納して4~6個の荷物を載せることが可能。6名利用では3列目の座席も利用するため荷物は2~3個しか積むことができないので注意が必要です。燃費も悪くはありませんが、長距離走行をするときは上記2車種に比べてガソリン残量に少しだけ気をつけましょう。とはいえ、ニュージーランドは各地にガソリンスタンドがあるので問題ありません。

ハイエース/WDクラス

  • 快適な人数:10名
  • 荷物:4~5個

4人以上のグループで利用するならこちらを。10名乗りでも各シートのスペースが確保でき、荷台も広くて快適です。ただし車両が大きいので運転には注意が必要。建物内の駐車場に入る際は高さにも気をつけましょう。同クラスの車両に乗り慣れている方におすすめします。また、前述の通り国際免許証のDスタンプが押されていないと運転ができません。

WDクラス(10人乗り)の運転についてはこちら
https://www.otsinternational.nz/otsrentacar/ja/rule/license/#03

上記の各車種の荷物の数は目安です。サイズや形、収納の方法などにより若干異なりますので留意しておきましょう。不明な場合はOTSに直接問い合わせましょう。

OTSの取り扱い車種の詳細はこちら
https://www.otsinternational.nz/otsrentacar/ja/class/

ナビも日本語!オプションも充実!

ドライブに欠かせないGPSナビ(Navman / MY670LMT)のメニューの表記や音声案内は日本語対応。予約の際にオプションで選択できます。レンタル当日にその場で借用の有無を決めてもOKです。

同様にスノーチェーンの貸し出しも事前予約もしくは当日判断で可能です。標高の高いエリアを走行する際、降雪すると規制が出てスノーチェーンなしでは通れないことも。とはいえ自然現象で予測が難しいので、不安な人は当日スタッフと相談するといいでしょう。

OTSではチャイルドシートも各年齢に合うよう揃えています。ニュージーランドでは7歳未満の子供が乗車する場合、チャイルドシートの着用が義務付けられており、違反すると取り締まりの対象となるので注意しましょう。

安全のためのサービスを提供

OTSの車両は安全を第一に定期点検・整備を行っています。また、利用終了後はその都度洗車し、キレイなので気持ちよく使えます。

さらに出発前はスタッフが車両の使い方、ガソリンの入れ方、霜が降りた際の対処法、トラブル発生時の対応などについて詳しく案内。全車両が24時間対応のロードサービスに加入しているので万が一の時も安心です。営業時間内であれば電話でOTSスタッフが手配などを手伝ってくれます。

OTSレンタカーNZスタッフがおすすめする穴場スポットvol.1

今回よりOTSレンタカーのスタッフが厳選した、ガイドブックには載っていないおすすめスポットを1カ所ずつアップしていきます。第1回目はクイーンズタウンの高台の住宅地から望む美景です。この場所がどこか知りたい人は、営業所でスタッフに尋ねてみてくださいね!

OTSレンタカー

URL:https://www.otsinternational.nz/otsrentacar/ja/

クイーンズタウン営業所

住所:18 Glenda Dr., Shotover Park, Queenstown
電話:0800-687-456(ニュージーランド国内通話料無料)、03-441-4926

クライストチャーチ営業所

住所:Unit 8/15 Sir Gil Simpson Dr., Burnside, Christchurch
電話:03-358-4923

次回予告!

OTSレンタカーの魅力に迫る特集記事。
次回の更新は10月7日(月)!
「OTSのこだわりとOTSを選ぶ理由」をご紹介します。
お楽しみに!