安全にレンタカーを利用するために 知っておきたいNZの運転事情

安全にレンタカーを利用するために 知っておきたいNZの運転事情

ニュージーランドは日本と同様に左側通行。とはいえ、道路事情はもちろん、ルールや標識も異なります。いざ道路に出ると戸惑ったり、「ヒヤッ」とする場面に出くわすことも。各道路標識をキチンと理解しないと、交通違反となることはもちろん、重大な事故につながる場合もあります。OTSレンタカーで事前にお伝えしている、ニュージーランドで安全に運転するための情報をご紹介します。

ニュージーランドで運転する際の基本情報

日本で十分な運転経験と知識があれば、ニュージーランドでの運転も問題ないでしょう。ただし、事前に以下のようなニュージーランドの交通ルールと運転事情を把握している必要があります。

●スピードについて

 

制限速度は日本と同じくキロメートル表示です。標識は目立つよう赤丸で表示され、中央の数字がその道路の制限速度となります。

郊外に出るとほとんどの道路が時速100kmです。空いていると制限以上の速度を出しがちですが、交通違反ですし、重大事故につながりやすくなります。大変危険ですので絶対に制限速度を守りましょう。また、ニュージーランドはスピードカメラの設置台数が多く、警察の取り締まりも厳しく行われています。

●運転疲れに要注意 

ニュージーランドでレンタカー旅行をする場合、長距離ドライブとなることがよくあります。疲れによる事故も多発しており、自分では疲れを感じていなくても反応が鈍くなることがあるので適時休憩をとりましょう。特に長距離飛行の後、すぐに長時間運転するのはおすすめできません。

また、時速100kmで走行する道路が多いとはいえ、1時間で100km進めるわけではありません。ニュージーランドの道路は坂道やカーブが多く、道路状況や天候によっても予想以上に時間がかかります。地図アプリなどが示す走行時間より、必ず余裕を持ったスケジュールを立てるようにしましょう。

●シートベルト・携帯電話・チャイルドシートについて

車内では後部座席の人も必ずシートベルトを着用しましょう。また、法律により7歳未満はチャイルドシートの利用が義務付けられています。ドライバーが運転中に携帯電話を使用することも禁止です。必ず守りましょう。

●駐車場と駐停車について

その場所が駐停車禁止かどうかは、標識や路面に示された点線で確認できます。禁止の場所に駐停車すると、それが短時間であっても罰金やレッカー移動の対象となります。また、郊外で駐停車がOKな場所でも、後続車に気を配って安全に駐停車するようにしましょう。

町によって異なりますが、クイーンズタウンやクライストチャーチなど主要都市の中心部には停める場所が少なく、有料の駐車場を利用することになります。

日本とは異なる交通ルール

ニュージーランドには日本ではなじみのない交通ルールも存在します。ここでは特に注意すべき点について一部ご紹介します。 

●ラウンドアバウト/Roundabout 

ニュージーランドで一般的なロータリー型の交差点。右からの車両が優先、方向指示器を出す、時計回りで走行する、などさまざまなルールがあり、これをドライバー全員が守ることで安全な交差点として機能しています。OTSレンタカーでは空港から営業所までの送迎サービスを選択した利用者に、実際の道路で走行しながら説明します。

●一車線の橋/One Lane Bridge

ニュージーランドでは車両が1台しか通れない橋を郊外でしばしば見かけます。橋の手前に標識があるので減速し、対向車がいないかを確認。対向車がいる場合は、標識に従い、どちら側が優先かを確認して走行、もしくは対向車に譲ります。

●踏切

ニュージーランドには遮断機がない踏切も多々あります。信号機がある踏切の場合、信号が点滅している時は停止し、点滅が終わるまで待ってから通行しましょう。踏切の手前にSTOPやGIVE WAYサインがある場合は、標識に従い、停車または徐行して列車が来ていないことを確実に確認してから渡りましょう。 (h2)見落とし注意!標識の意味を知ろう

見落とすと事故につながりかねない重要な標識をご紹介します。

●STOP/GIVE WAY

交差点やラウンドアバウトの手前にあるSTOP(止まれ)、GIVE WAY(譲れ)のサイン。文字通りSTOPは一旦停止して安全を確認してから走行、GIVE WAY(譲れ)は徐行し、交差する道路から車が来ていたらそちらが優先なので停止して譲ります。この二つが最も重要な交通標識ですが、わかっていても慣れてきた頃、もしくは真っ直ぐ続く高速走行の道路に入る際に見落としがちですので注意しましょう。

●黄色の速度標識

先にカーブがあり、表示されている速度であれば安全に走行できることを表しています。制限速度100kmの道路でもこのようなカーブが多々あり、この標識を見落として減速しないまま進むと曲がり切れずに事故となる場合もあるので注意しましょう。

●スリップ注意

路面の濡れや凍結の可能性を示す、「スリップ注意」の標識。ただし、この標識がなくても未舗装の道路や砂利が多い道路はかなり滑りやすいので減速し、気を付けて運転しましょう。

●駐停車禁止

道が狭い、危険などさまざまな理由で駐停車が禁止されている場所があります。こうした場所には絶対に駐停車をしないでください。違反すると安全にも関わります。停めていい場所には別の標識があります。

そのほか、ニュージーランドの道路標識についての情報は、OTSレンタカーNZウェブサイトの「交通ルール」をご参照ください。

https://www.otsinternational.nz/otsrentacar/ja/rule/traffic/#anchor_sign

出発前に安全についてご案内

OTSレンタカーでは、運転のマナー、交通ルール、道路事情について必ず利用者が出発する前に詳しく案内しています。旅行で最も大切なことは安全で、万が一事故に遭ったらすべてが台無しになってしまいます。「自分は大丈夫」と思わず、しっかりルールを守って運転しましょう。

そのほか、不明な点があれば出発前にスタッフに質問して解決しましょう。もちろん、出発した後でも営業所に気軽に問い合わせることができます。

万一の場合の備えも安心

車両トラブルや事故など、困ったことがあればすぐに営業所に連絡しましょう。営業時間内であれば、利用者の代わりに各機関への連絡や手配を行ってもらえます。以下のように備えも万全です。

●ロードサービス

全車両がロードサービスに加入しており、車両の機械的な故障やトラブルの際には24時間サービスを受けられます。営業所に連絡すればスタッフが代わりにロードサービスを手配し、その後の流れについてもアドバイスを行っています(営業時間内のみ)。

●保険

全車両が保険に加入しています。事故があった場合も営業所に連絡すればスタッフがアドバイスをし、状況に応じて警察への通報やロードサービスの手配もします(営業時間内のみ)。ただし、けが人がいるなど急を要する場合は、すぐにニュージーランドの緊急電話番同「111」に自身で連絡しましょう。

通常は保険の免責額が設けられていますが、OTSレンタカーではその額を減らす、あるいはゼロにする免責補償プランも用意されています。また、保険の対象外となる項目もあります。これら保険の内容についても、貸し出しの際に詳しく案内しています。以下のウェブサイトも参照しましょう。

「Q&A」保険・補償について<h/4>

https://www.otsinternational.nz/otsrentacar/ja/question/

知ると役立つプチ情報

●ガソリンについて

ニュージーランドではガソリンは安くありません。例えばクイーンズタウン営業所の目の前にあるガソリンスタンドは1リッターあたり$2.33です(2019年10月17日の値段)。行程にもよりますが、クイーンズタウン~テカポの往復は500km以上となり、そのほかのエリアを旅したり、滞在が長くなればそのぶん走行距離も増え、ガソリンを消費することになります。他社で安く車を借りても燃費が悪く、ガソリン代がかかったら意味がありません。連載第3回目で紹介したOTSレンタカーの低燃費車両がおすすめです。

●日照時間

真夏はサマータイム(Daylight Saving)のため、南島の場所にもよりますが夜21時頃まで明るく、日中の時間が長くなります。ただし冬は日が短く、17時頃には暗くなります。暗い中での運転はおすすめできないので、冬は日没の時間を考慮して予定を立てましょう。郊外に出ると街灯もなく、慣れない道を真っ暗な中で高速運転することになるので非常に危険です。

●積雪と凍結

標高の高い場所にある道路を冬に走行する場合は積雪に注意が必要です。スキー場に行く予定があるならスノーチェーンを借りて出発しましょう。OTSレンタカーではスノーチェーンの貸し出しと合わせ、取り付け方もレクチャーします。

冬は道路の凍結にも要注意です。日陰となる場所、特に朝晩は寒く、道路が凍りがちなので覚えておきましょう。

●ストーンチップ

高速走行中、前方車両や対向車が巻き上げた砂利や小石がフロントガラスに当たり、ひび割れが発生することがあります。速度を出し過ぎないこと、前方車両との間隔を十分にとることで飛び石を防ぎましょう。

OTSレンタカーNZスタッフがおすすめする穴場スポットvol.3

OTSレンタカースタッフが厳選したおすすめスポット第3弾。今回はウエストコーストのこちらをご紹介します。天気の条件が合えば神秘的な美景が楽しめ、朝には湖面に霧がかかり、幻想的です。桟橋の先端に立ち、自然のパワーを体いっぱいに感じましょう。

テカポやミルフォードサウンドが有名ですが、氷河など迫力ある大自然が見られるウエストコーストは、日本人観光客の少ない穴場のおすすめエリア。ウエストコーストへ足を延ばす際はOTSレンタカースタッフにこちらの場所を尋ねてみてください!

OTSレンタカー

URL:https://www.otsinternational.nz/otsrentacar/ja/

クイーンズタウン営業所

住所:18 Glenda Dr., Shotover Park, Queenstown
電話:0800-687-456(ニュージーランド国内通話料無料)、03-441-4926

クライストチャーチ営業所

住所:Unit 8/15 Sir Gil Simpson Dr., Burnside, Christchurch
電話:03-358-4923

次回予告!

OTSレンタカーの魅力に迫る特集記事。
次回はついに最終回!更新は11月4日(月)!
「簡単見積もりと予約について&本企画限定割引クーポン」をご紹介します。 お楽しみに!