ニュージーランドへ赤いオーロラを観に行こう!

ニュージーランドへ赤いオーロラを観に行こう!

オーロラといえば北欧やカナダ、アラスカのイメージですが、実はニュージーランドでも観測できます。北半球とは少し違う、赤いオーロラを見に出かけませんか?

ニュージーランドのオーロラが赤い理由は?

オーロラというのは太陽から地球へ届いたプラズマ粒子(太陽風)が地球の大気とぶつかって生じる発光現象。極地の近辺で見られるもので、北半球では北極近く、南半球では南極に近いエリアで観測されます。

オーロラの色というと上の写真のように緑を思い浮かべますが、ニュージーランドで見られるオーロラはそのほとんどが赤。これはニュージーランドのオーロラが低緯度オーロラであるためです。

オーロラベルトと呼ばれるオーロラが出現するドーナツ状の領域は緯度60度から70度。これに対してニュージーランドでよくオーロラが観測されるテカポやクイーンズタウンは緯度43度から45度ほど。オーロラの光のカーテンは数10km~数100kmにわたって低いところから高いところまでのびますが、高度によって色が異なり、上から赤(高度約200~500km)、緑(高度約100~200km)、ピンク・紫(高度約80~100km)と並びます。

緯度の高い北欧やカナダではオーロラを下から見上げる形になるため、最も明るい色である緑が見え、ほかの色は消されてしまいます。これに対して低緯度のニュージーランドではオーロラを横から眺めるため、下のほうの緑は目立たず、上の部分の赤が地平線近くで見られるというわけです。

ニュージーランドでオーロラ鑑賞する利点とは?


Photo: ©Maki Yanagimachi / Earth & Sky Stargazing

オーロラ鑑賞は冬のアクティビティと思われがちですが、オーロラは冬だけではなく、1年中、出現しています。しかし空が明るいと見えなくなり、たとえオーロラが出ていても確認することはできません。北欧やカナダは夏に白夜があるため、この間にオーロラを観測するのは不可能。その点、ニュージーランドには白夜はないので、夏にオーロラを見るチャンスもあるのです。もちろん、夜が長いほうが確率は高まりますから、冬がベストシーズンということに変わりはありません。

ニュージーランドが位置する南半球は北半球よりも海洋面積が広いため、大気中に塵や埃などの不純物が少なく、オーロラはもちろん、星がよく見える点も魅力。さらに、人間を襲う危険のある野生動物や生物が生息していないので、屋外で長時間、夜空を眺めていても安心です。

ニュージーランドのオーロラ鑑賞に最適な条件とスポットはここ!


Photo: ©Maki Yanagimachi / Earth & Sky Stargazing

オーロラが出現しやすいのは太陽の活動が活発になる時。11年周期で巡ってくる活動期が最も確率が高く、前回は2012~2013年がそれに当たりました。現在はその時期ほどではありませんが、テカポでは平均すると月に2回くらいオーロラが確認できるそうです。

月明りや街の明かりの影響を受けないこともオーロラ観測の条件です。満月ではなく、できるだけ新月に近い夜であり、南の方角に大きな街がないこと。山があると見にくいので、南の地平線が開けていることも重要。晴天率が高く、大気が乾燥してればさらに好条件となります。南島南部の内陸部であるテカポやクイーンズタウンはこうした条件を満たしているので、オーロラ観測には最適。自然現象のため、行けば確実に見られるというものではありませんが、オーロラが出現しなくても、頭上に輝く天の川を堪能することができます。星空観測ツアーでは知識豊富な天体ガイドが、日本とは違うニュージーランドの夜空について詳しく説明してくれます。ご自身のカメラを持参して、星空やオーロラの撮影に挑戦するのもおすすめです。

こちらもチェック!
テカポの星空を見に行こう!
クイーンズタウンの星空観賞ツアー
テカポで星空の写真を撮ろう

星空ツアー情報

アース&スカイ/Earth & Sky

住所:State Hwy. 8, Lake Tekapo
電話:03-680-6960
料金:大人NZ$148、子供(8~17歳)NZ$83 ※日本語ツアーあり
URL:www.earthandsky.co.nz

ツアーのお申込みはこちら!
テカポ星空観賞ツアー