街全体がオブジェ?アートに浸れる街ウェリントン

街全体がオブジェ?アートに浸れる街ウェリントン

僕がウェリントンに越してくる前、ウェリントンがアートの街だなんて全く想像もしていませんでした。旅行でウェリントンに来た時はどこかオシャレな印象はあったんですけど、そこまで意識しないで、博物館のTe Papaを楽しんだり目抜き通りのCuba Streetをウロウロしたり、海辺を散策したりして楽しみました。

ところがいざ引っ越してきてみると、この街には大小さまざまなアートが街中に溢れていたんです。
気が付いて見ると、街中では10-15メートル間隔くらいで何かしら目を引くアートがあって、人々を飽きさせません。

そこで今回のウェリントン特派員のコラムはウェリントンの街中に溢れるアートを紹介していきます。

街に突然出現するオブジェたち

まず最初に紹介するのは、街で見かけると思わず「おっ!何だあれ!?」となるオブジェを紹介します。ウェリントンではどれもちょっとした写真スポットになっています。

まず紹介するのは空中に浮かんでいる(ように見える)巨大な玉です。

空中に浮かんでいる(ように見える)巨大な玉

City Gallery Wellingtonの前にある広場には、パッと見は空に浮かんでいる鉄の玉みたいなものを見ることができます。もちろん浮かんでいるわけではなくて、よーーーく見るとワイヤーで吊られています。天気が良い日は特に青い空にこの銀色が映えるので写真を撮ってる人が多くなります。

海に落ちそうな人

Te Papa博物館のすぐ裏の海辺には、今にも落ちそうな人がいる!と思ってしまう彫刻の男性が立っています。
こういう彫刻を見ると誰もが横に並んで同じ格好をしようとするんですけど、踏み外すと海に落ちてしまうので気をつけましょう。もし落ちてしまった場合は、横にちゃんとハシゴが付いているので戻ってくることができます。勇気がある人はチャレンジしてみてください!

巨大な傘

Cuba Streetには高さ3-4メートルある巨大な傘があります。Cuba Streetまで行くことができれば必ず見つけられるので、ウェリントンに土地勘がない人と待ち合わせをするのにピッタリです。

海老のような建物

これ。何だと思いますか?この海老のような建物はQueens Wharfと言うフェリーの乗り場の近くにあります。周りの建物と比べてもそれなりに大きいことがわかりますよね。

これが何にかは。。。最後に紹介しますね

街自体がキャンバス?街に点在するアートたち

ウェリントンの街には上で紹介したようなオブジェ以外にも、建物の壁面をキャンバスにしたアートがたくさんあります。その数は立体のオブジェよりも圧倒的に多く、ここでは本当に紹介しきれないほどです。

そのなかから今回はいくつか紹介していきます。

公衆トイレ

このものすごい絵で埋め尽くされた建物。これは公衆トイレです。
こんなすごい絵に埋め尽くされたトイレ、ちょっと怖いし入りたくない!と思う方もいそうですね。でも、このトイレは管理事務所が併設されていて、日々キレイにメンテナンスされています。場所はCuba Streetから横にそれたDixon Street沿いにあります。

ビル全体をキャンバスにしたアート

このビル全体をキャンバスにしたアート。真っ赤な建物にどこか少し気持ちが悪いイラストは、ものすごい威圧感があって街で見かけると思わず目が行きます。
場所はLight House Cinemaと言う小さな映画館を目指していくと見つけられます。

ペイントで覆われている託児所

ペイントで覆われているこの建物。なんだと思いますか?これ託児所です。
ウェリントンの託児所が全てこういう感じというわけではもちろんないんですけど、Aro Valleyと言う地域にある託児所はかなりファンキーなんです。

レストラン

最後は少しポップなものを紹介しましょう。すごく明るい文字に「DRY CLEANING & PRESSER」と書いてあれば誰もがクリーニング屋だと思いますよね。でも、ここはいつもお客さんがいっぱいいるレストランです。このレストランはCuba Street沿いにあります。

他にもオブジェやアートがいっぱい

ところでカニみたいな海老みたいな建物は一体何だったと思いますか?
あれは実は公衆トイレなんです。Kumutoto Toiletsと言う名前で2012年建てられました。中は普通のトイレなんですけど、あの形が空気の流れを上手に作って匂いがトイレに溜まらないようになっているそうです。

ウェリントンにはこれ以外にも本当にたくさんのオブジェやアートがあります。
今回はどれも場所のヒントだけで、細かい場所まで書かなかったのはぜひこれらのアートを探しながら、街中をキョロキョロして欲しいからです。そうするとそれ以外のアートもいっぱい見つけられると思いますよ。

ぜひ街歩きをしながらオブジェ&アート探しもしてみてくださいね!