ロトルアの湖畔周辺の美しい水と森の散歩、ヘルシーカフェでのランチ

ロトルアの湖畔周辺の美しい水と森の散歩、ヘルシーカフェでのランチ

今日はお天気も良いし、お昼過ぎまで予定がない。そんな時にいつも出かける私の取って置きの過ごし方のご紹介です。ロトルア市街からノンゴタハアを通り抜けてロトルア湖の反対側に向かって17km(車で20分足らず)、左手にゴルフコースが見えたら車を共有の駐車場に。すぐに、ガチョウ・ 鴨がにぎやかに迎えてくれます。できれば、残り物のパンなどを持っていくと鳥たちは大喜び。今日は、愛犬と一緒なので鳥さんたちごめんなさい。ハムラナスプリングウォークに到着です。

ハムラナ・スプリング・ウォーク

ハムラナスプリングウォーク

湖に流れ出る小川にかかる小さな橋を渡ります。水がとてもきれいで足が止まってしまいます。この入り口の水の澄んでいることに感激して、これがハムラナスプリングかと勘違いしてしまいます。ここで足を止めず、林の散歩道をどんどん進んでいきます。5分もしないところで、レッドウッド(セコイア又はアメリカ杉)の森に出会います。まっすぐ空に向かって立っている杉たち、思わず深呼吸。本物の森林浴ですね。

さらに、奥に進んでいくと、テラスが作られています。これが、ハムラナスプリング。水があまりにも透明なのでそんなに勢いよく沸いているようには見えませんが、15mの深さから10℃の水が一時間に4百万リットル沸いているそうです。この水を見ていると、心が奥底から洗われて凛とした気持ちになります。風が木々をなぜる音と水の音と目に映る透明な水が心に“沁”みていきます。

ハムラナスプリングウォーク

この別世界に到着するまでがほんの15分足らず、小さなお子さんも、年配の方でも問題なく歩けると思います。さらに、整備された散歩道を進んでいくと『ダンシングサンド(踊る砂)』のサインが見えます。小川の底のあちこちから水が沸き、底の砂が踊っているように見えるのです。残念ながら上手に写真が取れずビデオでご紹介したい、ちょっとびっくりの現象です。

ダンシングサンド

曇りの日、寒くて凍えそうな時、暑くてぐったりしてしまいそうな時、どんな時に来てもいつも美しく感動させてくれるスポット、ハムラナスプリングです。

こんなに美しい場所、そして、とてもおいしい透明な水があるところなんですが、全くコマーシャル化されず、危険を防ぐためと自然の破壊を防御するためだけの手入れがされています。これも、ニュージーランドのあらゆるところで目に付くすばらしい一点。DOC(国の自然環境保護のグループ)、その土地を所有しているイウイ(マオリの地域部族)そして、ボランティアグループの努力の元、営利化せず、自然環境を守りつつ、国民または観光で訪れる人たちがその自然の美しさを体感できるように環境設定がなされています。

オケレ・フォール

さて、さらに車を湖畔沿いに走らせます。大きな道路に出たところで左折。しばらく走ると、又異なる水の景色が現れます。そこで、オケレフォールというサインのあるところを入って駐車場に車を止めましょう。ニュージーランドのよいところ、どんな田舎のスポットも駐車場が設定されています。

オケレフォールは滝というよりは渓流瀑(谷川が傾斜のある岩の上を滑るように流れ落ちる滝)です。もちろん水が落ちる威力は昔、水力発電に利用されていたようです。古いタービンが展示してあります。

オケレ・フォール

この最初の渓流瀑まではほんの5分くらいの軽い散歩。水は白波を立てて落ちる音を原産林の中で聞く。泉の水と森で心が洗われた後に滝を見ていると水の力をお腹の底から感じ、自分の心の奥から力が湧いてくるような不思議な気持ちになります。

ラフティング

この後、15分と書いてある表示があるのでもっと奥に足を運んでいきます。15分よりもっと歩いた気がしますが、浅めの渓流瀑があるところに出ます。ここは、ラフティングや渓流カヤックを楽しむのに最適な場所のようです。今日は暑い真夏なので納得ですが、寒くてダウンジャケットを着ているときに来ても、渓流カヤックを楽しんで(?)いる人たちがいるのが驚き。

カフェ・オケレフォール・ストア

カフェ・オケレフォール・ストア

さあ、ハムラナスプリングから渓流瀑まで、ゆっくり自然を楽しんで2時間弱、そろそろのども渇いたしお腹もすいて来ました。オケレフォールの駐車場に入る手前に目的のカフェ・Okere Fall Store(オケレフォールストア)があります。

カフェ・オケレフォール・ストア

お店の中は足の踏み場のないくらい商品が満載。すべての基準は健康・自然食品。お店の前に小さなテラスがあって食事ができるんですけれど、裏に回るとまたまた素朴で飾り気のない木のテーブルとイスが並び、その奥のお庭にもキウィ特有の粗木{あらき}造りの屋外テーブルが散在されています。

カフェ・オケレフォール・ストア

今日はVegan diet(菜食主義、乳製品も食しないタイプ)の友人が喜ぶメニューもあり友達は大感激。私は普通のサンドイッチですが、これも、一工夫され気骨あるメニューが並んでいます。メニューを読んでも良くわからなくても視て選べる、ニュージーランドのカフェの利点です。

お店のオーナーのサラさんにお話を聞きました。彼女は川と森に引かれて25年前にロトルアにやってきました。始めはラフティングのガイドをしていたそうです。 ドイツ人のご主人、彼も川と森に引かれてPh.Dをニュージーランドで終了、と出会いました。渓流瀑がキューピットですね。この、オケレストアは10年前にサラさんが『地元に定着し、飲食しながら皆が集うことのできる場を作りたい』という理想のもと、作り上げたお店です。もちろん、川と森の精ですから、環境に優しいというのがお店の最大のキーコンセプト。メニューはシンプル、でも、色々な要望に答えることができるもの(菜食主義・アレルギー対応)そして、スムージーやおいしいコーヒーは会話には欠かせないものです。

カフェ・オケレフォール・ストア

この写真は、私の友人が大喜びしたリバイタライジングサラダ(活性サラダ); the revitalizing salad: kale, beetroot, quinoa, black rice and other delicious raw ingredients served with a beetroot humus. お店の人気サラダだそうです。

忘れてはならないのは、ご主人の出身された町の700年の歴史を持つビール工房から輸入しているビール。裏のテラスは夕方からビアガーデンに。私がお昼した日も夕方のバンドの準備がされていました。夕方から、ビアガーデンに変身です。午後からお散歩して、ビールでしめるのも一案ですね。

最後に、時間がなくてオケレフォールまで足を延ばせない方、市内の図書館に支店があります。コーヒーとおしゃれな一工夫されたモーニングコーヒー、ランチ、アフタヌーンティに最適です。

Okere Falls Store

住所: 757 State Highway 33, Rotorua
電話: 07-362 4944
営業:  7AM–7PM (冬の時期は異なる時間帯)
URL: okerefallsstore.co.nz

{mosmap address='757 State Highway 33, Rotorua, New Zealand'|zoom='10'|text='Okere Falls Store'}