世界遺産ミルフォードサウンドへの旅

世界遺産ミルフォードサウンドへの旅

はるばるニュージーランドの南島までやって来たからには、絶対に訪れてほしい「ミルフォード・サウンド」。南島で最も有名な行き先のひとつで、氷河によって削り取られた地形や流れ落ちる大迫力の滝が見どころの、まさに秘境と呼ぶにふさわしい場所です。ガイドブックでもすでにたくさん紹介されていますが、現地では「クイーンズタウンから遠いんでしょ?」「ショッピングの時間が無くなるから行きたくない」という方も。。ぜひ足を伸ばしてほしい場所なので、今回のレポートでも紹介したいと思います。

ミルフォードサウンドへはどうやって行くの?

アクセスは、陸路と空路がメイン。片道300kmほどで、陸路だと片道5時間。クルーズ付きの日帰りバスツアーを利用したり、レンタカーでのんびり移動したり。道中もブナの森林やミラー湖などNZらしい絶景続きで飽きることはありません。ミルフォードサウンドにガソリンスタンドは無いので、レンタカーの人は途中のテアナウという町で満タンにするので忘れないで。

ミルフォードサウンド
Photo: Real Journey

スペシャルな体験がしたい!または長時間イスに座っていられないよ、という方は片道45分セスナかヘリコプターで空の旅。上空から見る世界遺産の大パノラマはNZ旅行のハイライトになること間違いなし!

ミルフォードサウンド
Photo: Real Journey

ミルフォードサウンドのアクティビティ

クルーズ

多くの人が参加する遊覧クルーズ。船内にレストランがある大型船でゆったりクルーズを楽しんだり、小さめの船で大自然に接近したりと楽しみ方はそれぞれです。船をぎりぎりまで近づけて見る滝は大迫力!ミルフォードサウンドに熟知した専門ガイドから説明を聞いたり、操舵室に入って船長と話すことができるものクルーズの魅力。日本語ガイド付きのクルーズやツアーもあるよ。

ミルフォードサウンドのクルーズ
Photo: Real Journey

カヤック

もっと大自然に接近したいならカヤックもおすすめ。ディープな楽しみ方をしたかったら、ミルフォードサウンドに一泊して、観光客がほとんどいない明け方に朝日を見ながらカヤック漕ぎ出してみて。ミルフォードサウンドの宿泊施設はかなり限られているので早めの予約を。

ミルフォードサウンドでカヤック
Photo: Real Journey

船上泊

秘境をたっぷり味わいつくしたいなら、思い切って船の上で1泊してみよう。日帰り観光客で混み合う時間帯を避けて出航、夕刻-夜-明け方と次々に変わるドラマティックな景色を堪能できて、カヤックもついている究極のアクティビティ。はるばるミルフォードサウンドまで行くのだから、もう1日だけ滞在をのばしてみては?

ミルフォードサウンドで船上泊
Photo: Real Journey

見どころのひとつは野生動物。ミルフォードサウンドではオットセイやペンギン、運がよければイルカが近くまで寄ってきて一緒に泳ぎだすかも!

オットセイ

イルカ

雨のほうがおすすめ?

年間の3分の2は雨が降るといわれているミルフォードサウンド。どうか自分の行く日は晴れますようにとみなさん願っていますが、大迫力の景観は雨の日こそ見られるって知ってました?水量が増えて、ごうごうと流れ落ちる圧巻のボウエン滝やスターリン滝、岩肌をつたう幾千もの滝は雨の日ならではの神秘的な雰囲気。何百回も行ったことのあるツアーガイドは、雨の日のほうが好きという人もいるほどです。

雨のミルフォードサウンド

定番の日帰りバスツアーの他にも、たくさんの楽しみ方が出来るミルフォードサウンド。ぜひクイーンズタウンから足をのばして、ニュージーランドを代表する景観を堪能してください!