The Herb Farmを体験してみよう

The Herb Farmを体験してみよう

ナチュラル志向のスキンケア商品、美容用品、化粧品を扱うニュージーランドの会社は数多くあり、普段使用するのには勿論、ニュージーランド土産としても人気があります。今回はパーマストンノースの中心部から車で20分の場所にある「The Herb Farm ハーブファーム」をご紹介したいと思います。

母から娘へ受け継がれる自然への思い

ハーブファームの創立者であるリン・カークランドさんは、家庭を持つ前は小学校の先生という経歴の持ち主。出来るだけ自然でシンプルな生活をしたいと、家族で野菜を育てたり鶏の飼育をしていたそうです。

そんな中、息子さんの繰り返す咳や風邪に悩まされ、医者を訪ねるも「他には何も施せない」と言われ、自ら自然療法を模索し始めたことがきっかけとなり、1990年にハーバル・ディプロマを取得。
多くの人にハーブの凄さを体験してほしいとの思いから、旦那さんのビルさんと共に1993年にハーブファームを創立しました。

リンさんの娘であるサラさんが2006年にビジネスパートナーとして事業に加わり、現在ではマネージングディレクターとして、ハーブファームの運営をしています。その為、リンさんは現在新しい商品の開発に集中出来ているとのことです。

ショップ

ハーブファームの商品はすべて敷地内にある工場で作られているので、原料の一部となるハーブが採れるハーブガーデンの管理から製造過程、梱包、発送に至るまで完璧に管理できているという素晴らしさ。そしてその商品を購入できる直営店が敷地内にもあります。

知識豊富なスタッフにアドバイスしてもらいながら、自分に合う商品を選べます。

カフェ

ショップの隣には、木の温もりを感じる居心地の良いカフェがあります。ハイチェアやバスケットいっぱいのオモチャや本があり、お子様連れでも気兼ねなく過ごせます。
肝心のドリンクやフードはどれも素晴らしく、何度も行きたくなる美味しさです。メニューに使われるのは、地元の食材や敷地内のガーデンから採れるハーブを含めオーガニック食材というこだわり。

屋外にもテーブルがあるので、暖かい日は青空の下、緑に囲まれて素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

ガーデン

2エーカーの広さを誇る、14のテーマを持つガーデン。このガーデンから採れる新鮮なハーブを商品の原料の一部やカフェのメニューに使っています。

小川にかかる橋や池もあり、ブッシュウォークを楽しんでいる気分になってきます。

そして14のテーマの内の1つがなんと「ジャパニーズ・ガーデン」。ハーブファームで石灯篭が見れるなんて嬉しいですよね。

ハーブの説明も一つ一つしっかりと表示してあります。

色んな角度からハーブを楽しめる「The Herb Farm」。是非近くに来た際は体験してみて下さいね。

住所:86 Grove Road, Ashhurst
営業時間:10:00-16:30(カフェのキッチンは14:30に閉まりますが、ドリンクとキャビネット内の軽食は16:30まで)
詳細:www.herbfarm.co.nz