ダニーデン音楽開催地

ダニーデン音楽開催地

ダニーデンの一番おおきなライブ会場というとスタジアムになるのでしょうが、今回はそういった目立つところは置いておいて、普通に歩いているだけでは目に入らない、しかしダニーデンに於いては重要な生の音楽が演奏されるところを紹介したいと思います。

Dunedin Town Hall

まず、オーケストラなどの演奏があるときはここタウンホールかリージェントシアターです。タウンホールは設備も良くて新しめ、リージェントは古くてデコラティブな内装がとてもヨーロッパ的。どちらもオクトゴン、町の中心にあり中でワインもアイスクリームも売っています。そしてこのタウンホール、オクトゴン側からは見えなくて少し歩くことになるので少し早めに到着するようにしましょう。よく走っている人を見かけます!

住所: 1 Harrop Street, Dunedin
電話:03 479 4390
Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

オーディトリウム

そしてそのタウンホールの裏側になるのが、新しくできたオーディトリウム。
音響がやっぱりいいし、証明も椅子の感じも押し付けがましくなくてとても好き!

St Paul's Cathedral

見たとおりここは教会ですが、ここのオルガンとコーラスは特にすばらしく、音楽の演奏も教会とは関係のない演奏もおこなわれます。教会は天井が高くて音響もいいしひんやりとした空気も気持ちがいいし、コンサートがあったらぜひ行ってみてください。

住所:228 Stuart st, Dunedin
電話:03 477 2336
Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

THE CROWN HOTEL

ここは今回紹介する中で一番ガラの悪いところでしょう。でも店長が守ってくれるので大丈夫です。財布に気をつけて、飲みすぎないようにして、誰か喧嘩してたら遠くから見守る、て感じでいきましょう。音量が大きくてパンク、ロック系向き。

写真は昼間に行って撮ったのでなんだか味気ないものになってしまいましたが実際の演奏中は部屋がヴィデオプロジェクターで照らされて、迫力も雰囲気も濃厚になります。

毎週最初の水曜日はレゲエのDJ、最初の木曜日はパンクのDJ が入るそうです。
玉突きもあります。ちなみに店長は中国人のおじさんで、怖そうに見えるけどとっても可愛らしくていいひとですよ!

住所:179 Rattray Street, Dunedin
電話:03-477 0132
営業 : 11:00~13:00   14:30~Closing

{mosmap address='179 Rattray Street, Dunedin, New Zealand'| zoom='15'|text='THE CROWN HOTEL'}

Dog with two tails

ここは以前カフェとして紹介したところですが、バンドの生演奏を見るところとしても、すっかり定着した場所と言えます。

奥の、ギターがかかっているところがステージですがかなり狭くてとても演奏しづらいです。でもそれが味になっていたりします。音響はちっともよくはないのですがお客さんが多いいのでそのざわめきと一体になって演奏する、という感じでそれもまた味。

ここは食べ物も美味しいし店員さんたちも感じいいし、集まってくるお客さんたちも比較的安定した人が多く、和やかに楽しく時間を過ごせます。

Purple Rain Retro Bar & Cafe

今一番、バンドらしいバンドが来て、そういう音楽が好きな人が集まる場所。お洒落なオランダ人のおじいさんとそのパートナーがやっていて、演奏の場所は地下にあります。狭いのにもかかわらず音響がいいのでおどろき。スピーカーがいいのかな?

一階は二人のコレクションで埋め尽くされたカフェ&バーになっています。演奏を見たい人は地下に行って別料金を払うシステムになっているので上でビールを飲みながら演奏を聴いて、もっとよく見たければ下へ行く、ということもできます。

詳しくはフェイスブックで。実はその隣につい先週スタートしたばかりのタイニールームという空間もあり、そこは多分一番最新の音楽が聴けるところ。お店ではないので積極的に宣伝はしないと思うので街に貼ったポスターで情報を!

住所:403 Princes street, Dunedin
電話:03-471 7183

{mosmap address='403 Princes street, Dunedin, New Zealand'| zoom='15'|text='Purple Rain Retro Bar & Cafe'}

Inch bar

ボタニカルガーデンのすぐ側、若めの中年から年配までのローカルがよくいくところで、ほっこり穏やかな場所です。

以前ゲイバーだと思われていた時期がありましたがそれは、店の名前がホモサピエンスで、ホモバーとよばれていたからなそうです。音楽はフォークソングぽい、一般向けのバンドの演奏が多いいと思います。

住所:8 Bank Street, Dunedin
電話:03 473 6496
営業:15:00~

{mosmap address='8 Bank Street, Dunedin, New Zealand'| zoom='15'|text='Inch bar'}

Re :Fuel

ここは、なんと大学の中にあります。でもちゃんとしたバンドの演奏場所でもあって、学生じゃなくたって、大人だってお客さんとして行ったり演奏したりできます。
水曜日はパイント$5(普通バーだと$7)の日なのでとても混みます。
ヘビーメタルの日、などもありますが揉まれてみるのはいかがでしょうか。大学だけあってセキュリティーのチェックがマメなのでよく考えればありがたい場所です。

住所:Underground , 640 Cumberland Street, Dunedin
電話:03 479 3875
URL: www.otago.ac.nz

{mosmap address='640 Cumberland Street, Dunedin, New Zealand'| zoom='15'|text='Re :Fuel'}

Marama Hall

最後はオタゴ大学の音楽科の学生や卒業生がコンサートを開いたりする場所。
ここでおすすめなのが show case series というタイトルの、ランチタイムコンサートです。招待された演奏家が学生のために演奏したり、学生の発表会だったりして、多少完成度にばらつきがありますが、ダラダラ挨拶することもなく、一応選ばれた演奏だけなので内容はとても良いものです。大人$7、学生$3。ダニーデンで生活していると普通のクラシックコンサートは高くてなかなか行けないのですが、これだったらなんとかなります。それでは、どこかでお目にかかりましょう!

住所:Department of Music, 362 Leith St, North Dunedin
電話:03 479 8885
Email このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

{mosmap address='362 Leith St, Dunedin, New Zealand'| zoom='15'|text='Marama Hall'}