ニュージーランド出国

出国 ニュージーランド

国際線の飛行機は機内持ち込み制限、そしてニュージーランド国内への持込制限など厳しい規定が設けられています。罰金などの罰則を受けることもありますので、注意が必要です。

出国税

ニュージーランドでの滞在を終えて出国する際、クライストチャーチなどの国際空港ではNZ25ドルの出国税の支払いが義務付けられており、現金またはクレジットカードで支払うことができます。なお、オークランド国際空港は航空券に出国税が含まれているので、支払いの必要はありません。

日本入国時の免税範囲

免税の範囲は、携帯品あるいは別送品(入国/帰国後6か月以内に輸入するものに限ります。)のうち、個人的に使用すると認められるものに限り、成人一人当たり下記の表の範囲内で免税となります。(携帯品と別送品の両方がある場合には、両方を合算します。)

未成年者の場合は「酒類」と「たばこ」は免税になりません。6歳未満のお子様は、おもちゃなど明らかにお子様本人の使用と認められるもの以外は免税になりません。

また、この免税範囲を超えた場合、商品や商業用サンプルには、品物の種類などに応じた税率によって税金が課せられることになります。

免税の範囲(成人一人当たり)

酒類 3本(1本760mlのもの)
たばこ 紙巻たばこ:200本(日本製)、200本(外国製)
葉巻たばこ:50本
その他のたばこ:250g
※いずれのたばこも、外国に居住している人は免税範囲が2倍になります。
香水 2オンス(1オンスは約28ml(オーデコロン、オードトワレは含まれません。)
その他 20万円(海外市価の合計額)
  1. 合計額が20万円を超える場合には、20万円未満におさまる品物が免税になり、その残りの品物に課税されます。
    税関は、旅行者の皆さんに有利になるように、免税となる品目を選択の上、課税します。
  2. 1個で20万円を超える品物、例えば、25万円のバッグは25万円の全額について課税されます。
  3. 1品目ごとの海外市価の合計額が1万円以下のものは、原則として免税となります。(例えば、1コ1,000円のチョコレート9コや1本5,000円のネクタイ2本は免税になります。)

ニュージーランド航空で贅沢な旅を