持ち物リスト

荷物の多い海外旅行。ついつい大事なものを持ち忘れてしまうことも・・・。荷物の準備は2~3週間前からはじめ、忘れもののないように気をつけましょう。こちらの持ち物チェックリストを活用ください。

貴重品

パスポート
◎ コピーを取っておこう
航空券(eチケット)
◎ コピーを取っておこう
現金(日本円)
◎ 自宅からの往復交通費も必要
現金(NZドル)
◎ 現地でも両替できる
トラベラーズ・チェック
○ 1ヵ所にサインしておく
クレジットカード
◎ 身分証明書代わりにもなる
海外旅行保険証
◎ 万一に備え加入しよう
国外運転免許証
○ 日本の運転免許証も忘れずに
予約確認証
○ パッケージツアーによってはないこともある
顔写真
○ パスポート紛失に備えて、2~3枚
 

衣類

下着類
◎ なるべく最小限を使い回そう
シャツ
◎ スポーツシャツなど、夜に洗って、朝には乾いてそうなポリエステル系なら、枚数を少なくできる
上着
○ 夏でも夜に風が吹くと若干寒いのでセーターやフリースなどがあると良し。冬は雨が多いのでフード付き防水ジャンパーがお勧め!
水着
○ 温泉は、水着着用なので注意。なお、温泉に入る場合は、匂いが残ることがあるため、お気に入りの水着は、避けた方がよいかも
サンダル
△ 部屋で履くのも快適
帽子
○ 日差しは思ったより強烈なので、持参、又は、記念に現地で購入
サングラス
○ (同上) 持参、又は、現地の格安ダラー・ショップでも、気に入ったデザインが見つかるかも
パジャマ
△ 必要に応じて
アイ・マスク
△ 飛行機や、バックパッカー等のシェアー・ルームで寝る時にあると良し
耳栓
△ (同上) 飛行機では、ノイズ・キャンセラー付きのヘッドフォンもいいかも
 

日用品

洗面用具
◎ 歯ブラシ、洗顔料など
メガネ・コンタクトレンズ用品
△ 必要に応じて
化粧品
△ 乾燥対策、日差し対策も
日焼け止め
◎ 日差しが強いので必須  ※現地でも色々売っているが、自分の肌や活動内容に合うのを探すことがポイント
石けん、シャンプー
△ たいていのホテルには備わっている
タオル
△ たいていのホテルには備わっている
ティッシュペーパー
○ ウェットティッシュも便利
洗剤
○ 洗剤は小袋に分けておこう
旅行用物干し
○ 靴下や下着を干すのに便利
 

薬品類

常備薬
◎ 自分に合ったものを用意していこう
胃腸薬
○ 旅先では、調子を悪くすることも
虫除けスプレー
△ 現地で買えるもののほうが効果的
かゆみどめ
○ 外国の薬は、体質に合わないことも
生理用品
△ 持っていったほうが安心
 

便利グッズ

ガイドブック
◎ 「地球の歩き方」など
スマートフォン
◎ 何かと便利。ただし、現地の携帯会社のSIMと周波数などに対応している必要がある
ノートPC/タブレットPC
○ 長期滞在や、スマートフォンでは物足りないことが予想できる場合
コピーした地図
○ 旅先の地図 (スマートフォンがあるなら、Googleマップや、現地の交通機関のアプリを入れると便利)
会話集、辞書
○ ポケットタイプのもの (スマートフォンがあるなら、そういったアプリがあれば、入れておこう)
カメラ、フィルム
○ 機内持込の手荷物へ (スマートフォンがあるなら、カメラ機能の使い方を調べておこう)
電卓
○ 両替の計算などに便利 (スマートフォンがあるなら、電卓機能の使い方を調べておこう)
ノート、筆記用具
○ 予め調べた情報メモや、買い物の記録、日記用など (スマートフォンがあるなら、メモ帳機能の使い方を調べておこう)
目覚まし時計
△ ホテルにある場合も多い (スマートフォンがあるなら、アラーム機能の使い方を調べておこう)
ドライヤー
△ ホテルにある場合も多い
爪切り、耳かき、綿棒
△ 何かと重宝する
ビニール袋
○ 小物をまとめるのに便利。なお、買い物時のビニール袋の有料化が進んでいるため、持参すると良い
充電用機器やケーブル
○ 240V(50Hz)対応の確認と、ハの字になったO型プラグ(三極又は二極)への電源プラグ変換アダプターも必要