ワカティプ湖

Lake Wakatipu

ワカティプ湖

クイーンズタウンにあるワカティプ湖は氷河によって削られたU字谷に水が溜まって形成された湖です。ワカティプ湖はユニークな細長いS字のような形状をしていて、そのために1日に何度も10cmほど水位が上下する静振と呼ばれる現象が起こることが特徴です。マオリの伝説では湖の底に眠る巨人の心臓の鼓動のためだといわれています。

ワカティプ湖は長さ77km、面積293平方キロメートルと、ニュージーランドで3番目に大きな湖で、湖の両側に高い山々が連なる景観の美しさでも知られています。ワカティプ湖では古い蒸気船TSSアーンスロー号でのクルーズやスリリングなジェットボートなどさまざまな水上アクティビティを楽しむことができます。

住所
Lake Wakatipu, Queenstown
地図