ニュージーランドで運転する前に知っておきたいキウィ流ドライブ事情

ニュージーランドで運転する前に知っておきたいキウィ流ドライブ事情

車社会のニュージーランドではドライブ旅行がおすすめです。日本の運転免許保持者であれば日本で発行された国際免許証の携帯でニュージーランドでも運転が可能です。日本と同じ左側走行なので、違和感なくドライブが楽しめるでしょう。とはいえ、慣れない海外での運転に不安を感じる方のために、知っておきたい注意点をご紹介します。

ニュージーランドならではの標識・交通ルールを知ろう

日本と同様に右ハンドル、左側通行なため、ほぼ同じ感覚で運転できますが、日本ではなじみのない標識やルールも存在します。主なものは以下の2つです。

ランドアバウト

信号のない円形ロータリーの交差点。右側から来る車が優先なので、右側がクリアになったら進入できます。

歩行者優先の横断歩道

一般道路の横断歩道には信号機が付いてないところも少なくありません。ただしオレンジ色のディスクが付いたポールが立てられ、ここが歩行者優先であることを示しています。

この横断歩道を見かけたらスピードを落として歩行者がいないかどうか確認し、歩行者がいる場合は横断するまで停止して待ちましょう。

日本の場合、信号がない横断歩道は、歩行者が優先でも、実際は、無視して走り抜けるドライバーが多いですが、ニュージーランドでは、このオレンジ色のマークが付いた横断歩道に関しては、殆どのドライバーが止まってくれます。

逆に、オレンジ色のマークが無い横断歩道は、止まってくれず、また、歩行者用信号が点滅中や主要道路と住宅街への道路の交差を歩行中に左折しようとする車の中には、クラクションを鳴らして急かすドライバーもいますので、自分が歩行者の時も注意しましょう。

こちらもチェック!
ニュージーランドの交通ルール
ビジターのための安全ガイド(日本語PDF)

「GIVE WAY」サイン慣れにご用心

「GIVE WAY」サインは、北米の「YIELD」サインと同じように、自分が侵入しようとしている道路に別の車や人などが来ている時は、そちらが優先なので、止まって譲る必要がありますが、何も来ていない時は、「STOP」サインのように必ず停止線の手前で完全に一旦停止する必要はなく、ゆっくり侵入することが可能です。

ただし、ニュージーランドでは、「STOP」サインより、「GIVE WAY」サインの方が多い為、それに慣れると、「STOP」サインを見落とす癖がついてしまうおそれがあり、日本へ帰った時も注意しましょう。

時間に余裕をもって旅の計画を立てよう

倒木や河川の増水などで道路が封鎖されたり、パドックを移動するために道路を横切る家畜の群れに遭遇するなど、ドライブ中、思わぬことで時間がかかる場合があります。また、オークランドなど都市部ではラッシュアワーに渋滞も起こります。旅の計画は余裕をもって立てましょう。

早めの給油を心がけよう

郊外へ出ると数十キロ先までガソリンスタンドがないことも珍しくありません。ガス欠にならないよう、早めの給油を心がけましょう。また、ニュージーランドのガソリンスタンドは基本的にセルフ式なので覚えておきましょう。

こちらもチェック!
ガソリンスタンド利用方法

有料道路の料金はオンラインで支払う

ニュージーランドの高速道路はほとんどが無料ですが、オークランド郊外のNorthern Gateway(一般車両NZ$2.30)、タウランガのTauranga Eastern Link(一般車両NZ$2)とTakitimu Drive(一般車両NZ$1.80)の3カ所は有料です。無料で走れる迂回ルートもありますが、有料道路を走行した場合は通行料を支払わなければなりません。ニュージーランドには料金所がなく、ETCの存在もないため、通行後3日以内にニュージーランド交通局のウェブサイトからオンラインで支払うのがルールです。通行する予定がある場合は前払いもOK。交通局のウェブサイトで車のプレートナンバーを入力し、クレジットカードで簡単に支払えます。あるいは交通局指定のガソリンスタンドで支払うことも可能です。支払いを忘れると追加料金が加算されますので注意しましょう。

ニュージーランド交通局のウェブサイト
http://nzta.govt.nz/roads-and-rail/toll-roads/

キウィドライバーは運転が荒い

ニュージーランドの人々は気さくでのんびりしていて親切──というのは真実ですが、なぜかハンドルを握ると人格が一変する人が少なくありません。スピードを出す人も多く、こちらが法定速度を守って走っていても後ろから煽られたり、ちょっともたついただけでクラクションを鳴らされることも。また、高速運転中でも車間距離を詰めてきたり、ウインカーを出さずにいきなり車線変更する人もいます。嫌な運転をされると萎縮したりストレスに感じるかもしれませんが、そこで慌てるのは事故のもと。煽られても軽く受け流して安全な場所で左へ寄り、後ろの車を前に行かせましょう。

縦列駐車・坂道発進をする機会が多い

これはオークランドなど都市部での話ですが、ニュージーランドは路上駐車が多いです。そのため縦列駐車のテクニックは必須といえます。

また、こちらも場所によりますが、オークランド、ウェリントン、ダニーデンなど坂道の多い都市には上り坂の途中に信号があるケースもあり、その場合は坂道発進をしなければなりません。AT車であればあまり問題ありませんが、傾斜がかなりきつい坂もあるので、その場合はハンドブレーキを使うのがおすすめです。

ただし傾斜がきつ過ぎてAT車でも不安、しかしハンドブレーキのない踏み込みロック式ブレーキになっている車の場合、通常のブレーキを左足で踏んでおき、右足で徐々にアクセルを踏み込みながら左足のブレーキを徐々に放して対応しましょう。

Jay-walkerに注意

ニュージーランドではJay-walk、つまり横断歩道ではない道路の真ん中を横切る人や、車が来ないからと赤信号でも無視して渡る人がとても多いです。特に早朝や夜は見にくいので、運転中、道路を横切りそうな人がいないかどうか注意を払いましょう。

さいわい、オーストラリア郊外の夜間の様に、車のライトを頼りに道路を渡ろうとするのか、自殺行為のように突っ込んで来るカンガルーは居ませんが、木がある公園やゴルフ場の近くでは、たまにポッサムが横切ったり、住宅街でも白昼ふらふら歩いているハリネズミが、たまに居るので、注意しましょう。

変わりやすい天候に気を付けよう

晴れていたと思ったら急に前が見えなくなるほど激しい雨が降るなど天気の変わりやすいニュージーランド。大雨や雷、雹、突風が局地的に起こることもあり、冬の早朝は濃霧もしばしば発生します。悪天候の際は十分気を付けて運転しましょう。

信号が黄色になったらなるべく停車

信号が黄色から赤に変わるタイミングで交差点を通過するのは違法です。もちろん、これは日本でも違法ですが、ニュージーランドではこの取り締まりに関しては日本よりも厳しい傾向にあるので注意が必要です。安全に停車できない場合は加速して進んでもOKですが、信号に引っかかって止まりたくないからとアクセルを踏むのはやめましょう。

それから、日本の場合、黄信号の後に、右折用の青い矢印→信号が点灯する所がありますが、ニュージーランドでは、そうでなく、赤信号から直進用の青信号と共(或いは先)に、右折用の青い矢印→信号が点灯する所が多いので、黄信号から右折できると思って突っ込んで行かないように注意しましょう。

そして、スピードカメラと同じく、信号無視取締り用カメラが設置された所も結構ありますので、注意しましょう。

駐車禁止にご用心

日本に比べると何もかもスローペースなニュージーランドですが、駐車禁止のチケットは非常に素早く切られます。駐車禁止の場所に停めた時はもちろん、制限時間を5分過ぎただけでも違反チケットが貼られることがよくあります。

黄色い破線や斜めシマ線などが引かれた所、バス停、貨物車専用や荷物のローディング専用、車庫の前及びその前後1m、消化栓の回り50cm、身障者用、乳母車を積み降ろしする車用など「ほんのちょっとだから」と油断しないようにしましょう。

ニュージーランド交通局のウェブサイト
http://nzta.govt.nz/resources/roadcode/about-driving/where-not-to-park/

スピード違反にご用心

スピードを出すドライバーが多いニュージーランドですが、スピード違反の取り締まりは意外と厳重に行われています。特に連休やホリデーシーズンは取り締まりが強化され、3、4キロオーバー程度でも違反チケットを切られることがあるので注意しましょう。オービスのようなスピードカメラの数もたくさんあります。

バス専用レーン、一方通行、右折禁止や直進禁止にご用心

市内近郊のバス専用レーンは、朝夕のラッシュ側のみ通行禁止ですが、市内(オークランドCBDなど)には、終日通行禁止の所があります。バス専用レーンは緑色で、オフィサーがビデオカメラで録画しているところをよく見かけます。

また、一方通行や右折禁止以外に、何故かショッピングモールから大きな道路を挟んだ向かい側のショップ群へ直進禁止の交差点(オークランドのSylvia Parkや、Botany Town CentreからK-mart側等)があったりし、思わず直進してしまいたくなる所もありますので、注意しましょう。

車間距離を空け、跳ね石にご注意

郊外では、片側1斜線でも、制限速度が70~100m/hの所がざらにあります。そこで注意すべき事の一つは、農作業車などから落されていった小石を、前方を走る車が踏んで、飛んで来る事です。それによって、フロントガラスに小さなヒビが入ることがありますので、レンタカーはもちろんのこと、自分の車でも、高速道路走行中よりも、さらに車間距離を空けるように心がけましょう!

また、レンタカーを借りる時は、事前に、フロントガラスなどに小さなヒビが無いかも含めて車全体を確認し、もしヒビや傷があれば、レンタカー屋さんのチェックシートに書き込まれているか、確認しましょう。

車内に貴重品を残さないこと

ニュージーランドは治安のいい国ですが、軽犯罪は多く、特に車上荒らしは頻繁に起こっています。車を離れる際は短時間でも貴重品を車内に残さず、荷物もトランクに入れるなど外から見えないようにしましょう。また、なるべく人けの多い場所に駐車するのがおすすめです。

夜は街灯が少なく真っ暗

ニュージーランドは日本に比べて街灯が少なく、街灯があっても薄暗いため、日没後はほぼ真っ暗です。暗い道での運転に慣れていない人は、夜なるべく運転を控えるようにしましょう。

意外と見かける「サンキューハザード」

車線変更して前に入れてもらった時、後続車に対して感謝の気持ちを伝える「サンキューハザード」。日本だけの習慣かと思いきや、ニュージーランドでも意外と見かけます。ハザードは本来、急停止などのトラブル発生を周囲に伝えるためのもので、ニュージーランドでも、高速道路などで、渋滞や事故で前方が詰まり出して急に減速が必要な時に、ハザードで後方の車に伝えてくれるドライバーがいます。そのため「サンキュー」は、なるべく手を挙げるなどのジェスチャーで伝えるのがおすすめですが、安全を確認できる時は「サンキューハザード」を使うのもいいかもしれません。

こちらもチェック!
レンタカー予約
レンタカーで巡る南島10日間の旅モデルコース
北島7日間の旅モデルコース