ムリワイビーチのカツオドリの群生地へ行こう!

西オークランドの人気スポット、カツオドリの群生地へ行こう!

気軽にアクセスできるカツオドリの群生地

日本とは季節が逆に、これから夏へ向かうニュージーランド。今年もオーストラリアに飛び立ったカツオドリたちが、繁殖のためニュージーランドへ戻ってきました。

ニュージーランドのメインランドにあるカツオドリの群生地は3ヵ所のみ。そのうちのひとつがオークランド中心部から車で40分ほどのところにあるムリワイ・ビーチです。群生地はビーチの駐車場から徒歩数分と、気軽にアクセスできることが魅力。トレイルの途中にある展望台から、数え切れないほどのカツオドリが密集している様子を観察できます。

カツオドリ観察のベストシーズンは10月から2月まで

カツオドリは毎年8月頃になるとこの群生地に集まってきます。約1200組のつがいがそれぞれ巣を作り、1つの卵を産み、雄と雌が交代で温めます。ヒナが誕生するのは11月頃。お腹を空かせたヒナのため、親鳥は海へ目がけて急降下し、餌となる魚をハンティングします。カツオドリは翼を広げると約2メートルもある大きな鳥。そんな巨大な海鳥が飛び交う様はまさに圧巻です。

ムリワイ・ビーチの群生地ですくすくと育ったカツオドリのヒナは、飛べるようになると2000キロ離れたオーストラリアへと旅立ちます。この地でカツオドリが見られるのは来年3月までですが、ベストシーズンは天候が安定し、晴天の日が多い10月から2月。この時期にオークランドを訪れたら、ぜひムリワイ・ビーチまで足を延ばしてみましょう。

ムリワイ・ビーチはアクティビティがいっぱい!

ムリワイ・ビーチではカツオドリの観察以外にも、多彩なお楽しみが詰まっています。

群生地を間近で見られる展望台の設けられたトレイルを進み、ムリワイ・ビーチのすぐ隣にあるマオリ・ベイまで歩くのもおすすめ。潮風が心地よく、高台からタズマン海の絶景が望めます。

ムリワイ・ビーチはニュージーランド有数のサーフスポットでもあります。サーフスクールでレッスンを受けたり、ボードとウェットスーツをレンタルすることも可能。

ビーチのすぐ近くにカフェがあるので、サーフィンの後、ランチやコーヒー、アイスクリームなどを楽しむこともできます。カフェでいただくのもよし、テイクアウェイしてビーチでピクニックするのもいいでしょう。

ウェストオークランドへのオプショナルツアーに参加するのもおすすめ。ワイナリー巡りとセットになったツアーも催行されています。

ツアーのお申込みはこちら

ムリワイビーチへのアクセス

レンタカー

オークランド中心部からState Highway16号線を北西へ向かい、ワイマウクの分岐点で左折してMuriwai Rd.に入る。8キロほど走ったら右折してMotutara Rd.に入り、そのまま道なりに3キロほど進む。所要約40分。

バス

ムリワイ・ビーチまでの公共交通機関はないが、約8キロ離れたワイマウク小学校までムリワイ・サーフスクールが送迎してくれる(要予約/サーフスクールのレッスンを受ける場合のみ)。ブリトマートから80番Westgate行きバスに乗り、Westgateで60番Helensville行きに乗り換え、612 SH 16(バス停番号4978)下車。ワイマウク小学校は目の前。運行本数は少ないが、ブリトマートから快速の60X番Helensville行きに乗れば乗り換えなしで行ける。所要1時間~1時間30分。