ニュージーランドの温泉でほっこりタイム

ニュージーランドの温泉でほっこりタイム

知られざる温泉大国ニュージーランド

日本と同様、環太平洋火山地帯に位置するニュージーランドは知られざる温泉大国。全国で確認されている温泉の数は約150ともいわれていて、先住民であるマオリの人々も古くから治療や静養に活用してきました。

温泉の多くは火山活動が盛んな北島に多く見られ、特に大地熱地帯のロトルアは有名です。19世紀にヨーロッパ人が入植するとロトルアは温泉観光地として開発が進み、政府公営の浴場や療養所も作られました。現在もポリネシアン・スパ、ヘルズ・ゲート、ワイキテバレーといった施設があり、人気を集めています。

南島にも約33の温泉がありますが、そのほとんどが手付かずの野湯で商業施設として整備されているところはごく少数です。山間にあるハンマー・スプリングスは、1884年に政府主導のもとに築かれ、以来、南島随一の温泉リゾート地となりました。

ハンマースプリングス温泉

ニュージーランドで温泉を楽しむコツ

ニュージーランドと日本では入浴文化が異なるため、温泉の楽しみ方も大きく違います。ニュージーランド流に温泉を満喫するコツと注意点を知っておきましょう。

基本的に水着着用

ニュージーランドの温泉は水着を着用し、男女一緒に入るところがほとんどです。ただし施設によっては貸切できるプライベート風呂もあり、そこでは裸で入浴することも可能です。

レジャー感覚でワイワイ楽しむ

レジャー感覚で楽しむ温泉ニュージーランドの温泉施設は「温泉プール」のような雰囲気です。ウォータースライダーやBBQ器具が設置されているところもあり、ファミリーで温水プールに行く感覚で、レジャー要素が強いことが特徴です。子供も多いため、かなり賑やかです。キウィ式にワイワイ楽しむのがおすすめですが、ゆったり静かにくつろぎたい人は大人専用エリアやプライベート風呂が設けられている施設を利用しましょう。

アメーバ感染症に注意!

ニュージーランドの温泉ではお湯に顔をつけないことが原則です。これは水中に生息するアメーバが鼻から人体に入り込み、アメーバ性髄膜炎に感染するのを防ぐためです。もっともこの病気は世界でもかなり珍しいのであまり神経質になる必要はありません。“ニュージーランドの温泉では潜って泳いだりしないほうがいい”程度に覚えておけばいいでしょう。

トレッキングと組み合わせるのもおすすめ!

ニュージーランドの主要な温泉地の周囲には素晴らしいハイキングコースが多数あるので、トレッキングと温泉を組み合わせるのがおすすめです。山歩きで大自然を堪能した後、温泉で汗を流してはいかがでしょう。日本語ガイドが案内するトレッキング&温泉ツアーも催行されています。

ワイレレ・フォールズ・トレッキングと温泉のツアー

おすすめ温泉施設はココ!

旅の疲れを癒し、観光客にも行きやすく、満足できるニュージーランドの温泉施設をご紹介しましょう。

ポリネシアン・スパ/Polynesian Spa

ポリネシアンスパロトルア湖畔にある温泉施設。美しい湖を眺めながら入浴できます。ファミリー向けから大人専用まで4つのエリアに分かれ、プライベート風呂の用意も。併設のスパでトリートメントを楽しむこともできます。水着とタオルのレンタルOK(有料)。

所在地:Lakeside, Hinemoa St., Rotorua
電話:07-348-1328
営業時間:8:00~23:00(最終入場22:15)、スパ10:00~19:00
利用料:大人NZ$14.50~43、子供(5~14歳)NZ$6.50~15.50、スパでのトリートメントはNZ$85~
URL:www.polynesianspa.co.nz

ヘルズ・ゲート/Hells’ Gate

ヘルズゲートロトルア郊外にある面積約20ヘクタールの広大な地熱地帯。泥池などを見学できるウォーキングトレイルが設けられているほか、温泉スパ施設もあり、硫黄温泉とミネラルたっぷりの泥温泉が楽しめます。マッサージや泥エステなどトリートメントも可能です。

所在地:State Hwy. 30, Tikitere, Rotorua
電話:07-345-3151
営業時間:8:30~22:30(最終入場22:15)
利用料:地熱ウォーク&温泉パッケージ大人NZ$90、子供NZ$45、スパでのトリートメントはNZ$85~
URL:www.hellsgate.co.nz

ヘルズ・ゲートコンボツアー

ワイラケイ・サーマルホットプールズ/Wairakei Thermal Hot Pools

ワイラケイ・サーマルホットプールズタウポの地熱地帯ワイラケイ・パークにある温泉施設。1886年に起きたタラウェラ山噴火のために消滅してしまった段丘を人工的に再現したワイラケイ・テラスの敷地内にあります。段丘や間欠泉を見学してから温泉を楽しむといいでしょう。夜にはマオリの文化ショーも鑑賞できます。

所在地:Wairakei Terraces, Taupo
電話:07-378-0913
営業時間:8:30~17:00、マオリショー18:00~20:30(要予約)
利用料:NZ$25、13歳以下無料、スパでのトリートメントはNZ$85~、マオリショー大人NZ$108、子供(5~12歳)NZ$52
URL:www.wairakeiterraces.co.nz

{mosmap address='Wairakei Terraces & Visitor Centre, Thermal Explorer Highway, Taupo, New Zealand'|zoom='12'|text='ワイラケイ・ナチュラル・サーマル・バレー'}

テ・アロハ/Te Aroha

テ・アロハはハミルトンの北東約50kmに位置する小さな町ですが、100年以上の歴史を持つ温泉地でもあります。高濃度の重曹泉で、美肌に効果的。水着着用で入るレジャープールもありますが、良質のお湯を堪能したいならプライベートスパの利用がおすすめ。トレッキングと組み合わせたツアーも人気です。

ワイレレ・フォールズ・トレッキングと温泉

所在地:Te Aroha Domain, off Boundary Street., Te Aroha
電話:07-884-8717(スパ)、07-884-4498(レジャープール)
営業時間:スパ10:30~21:00(金~日曜・祝日~22:00)、レジャープール10:00~17:45(土・日曜~18:45
利用料:プライベートスパ30分NZ$18、14歳以下NZ$11、シニア(65歳以上)NZ$12、レジャープールNZ$7~、子供NZ$5~、シニアNZ$6~ほか
URL:www.tearohamineralspas.co.nz (スパ)
URL:www.tearohaleisurepools.co.nz (レジャープール)

{mosmap address='Te Aroha Domain, off Boundary Street., Te Aroha, New Zealand'|zoom='13'|text='テ・アロハ'}

ハンマー・スプリングス・サーマルプール&スパ/Hanmer Springs Thermal Pools & Spa

ハンマー・スプリングス・サーマルプール&スパニュージーランド南島を代表する温泉リゾート。屋外温泉プールのほか、プライベート風呂もあります。プールによって温度が異なり、28~42℃まで好みで選べます。スパではマッサージやトリートメントも可能です。

所在地:42 Amuri Ave., Hanmer Springs
電話:03-348-1328
営業時間:10:00~21:00、スパ10:00~19:00
利用料:大人NZ$20、子供(3~15歳)NZ$10、シニア(60歳以上)MZ$15スパでのトリートメントはNZ$75~
URL:www.hanmersprings.co.nz

ハンマースプリングス森林浴ハイキング&温泉ツアー

{mosmap address='Amuri Avenue, Hanmer Springs,Christchurch, New Zealand'|zoom='13'|text='ハンマー・スプリングス・サーマル・プール&スパ'}

マルイア・スプリングス/Maruia Springs

ハンマー・スプリングスからSH7号線を西へ1時間ほど進んだところにある山間の温泉宿。日本の温泉旅館が開発したため、雰囲気もお風呂も純和風。内湯、露天風呂、打たせ湯、足湯を揃え、プライベート風呂も用意されています。日帰り入浴のほか、宿泊することも可能です。

所在地:State Hwy. 7, Lewis Pass, Maruia Springs
電話:03-523-8840
営業時間:8:00~19:30
利用料:大人NZ$22、子供(12歳以下)NZ$10、シニア(65歳以上)NZ$15
URL:www.maruiasprings.co.nz

{mosmap address='Maruia Springs Thermal Resort, Sh 7, Lewis Pass 7895, New Zealand'|zoom='13'|text='マルイア・スプリングス'}

番外編:野湯

ニュージーランドには数々の野湯がありますが、山や森林の中を長時間かけて歩かないとたどりつけないものが多く、衛生面でもあまりおすすめはできません。そのなかでも比較的アクセスしやすいのがこちら。ユニークでワイルドな体験をしたい人は挑戦してみるのもいいでしょう。近くに着替える場所はないので、あらかじめ服の下に水着を着て出かけましょう。

ホット・スプリング・トラック/Hot Springs Track

ホット・スプリング・トラックオークランド北東に浮かぶグレートバリア島中央付近の天然温泉。温泉が湧く川までトレッキングコースが延びています。コースは概ね平坦なので山歩き初心者でもOK。トレイル入口から温泉までは片道40分ほど。途中には湿原などもあり、変化に富んだ景色が楽しめます。

所在地:Kaitoke Hot Springs Track, Great Barrier Island
URL:http://www.thebarrier.co.nz/walkingtracks.htm

ホットウォータービーチ/Hot Water Beach

ホットウォータービーチコロマンデル半島にあるビーチの温泉。干潮の前後1時間のみ入浴可能。スコップで砂浜を掘ると天然温泉が湧いてきます。ビーチ近くの売店でスコップのレンタルが可能です(有料)。サーフビーチでもあるのでサーフィンを楽しんだ後に温泉に入るのもいいでしょう。事前に干潮の時間を調べておきましょう。

所在地:Pye Pl., Whitianga
URL:www.mercurybay.co.nz

{mosmap address='31 Pye Pl, Whitianga 3591, New Zealand'|zoom='12'|text='ホットウォーター・ビーチ'}

ケロシン・クリーク/Kerosene Creek

ケロシン・クリークロトルアからSH5号線でタウポ方面へ向かい、ワイオタプの手前の脇道を入って少し進んだところにある天然温泉。川が温泉になっているため温度はぬるめですが、秘湯の雰囲気はあります。

所在地:Old Waiotapu Rd., Rotorua
URL:http://www.nzhotpools.co.nz/hot-pools/kerosene-creek-waiotapu

{mosmap address='Old Waiotapu Rd., Rotorua, New Zealand'|zoom='9'|text='ケロシン・クリーク'}