ウェリントンは世界トップ8に入るカフェの街

ウェリントンは世界トップ8に入るカフェの街

皆さんは「ニュージーランド」と聞いて何を思い出しますか?

「広大な大自然」「美味しいワイン」「キウィフルーツ」そしてなんと言っても「羊」を思い浮かべる人が一番多いと思います。 そんなニュージーランドなんですけど、実は「コーヒー」も世界的にすごく有名なんです。

ニュージーランドではどんな小さな街、例えば人口が数百人の街でも、ラテ(Latte)とかカプチーノ(Cappuccino)を出すカフェがあって、ニュージーランド人の生活には欠かせない存在になっています。

特にニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)は、アメリカのメディアCNNで「世界8大コーヒーの街」に選ばるなど「コーヒー文化の首都」とも言われています。そのせいか街の中に美味しいコーヒーを出すオシャレなカフェがたくさん点在しています。

そこで今回は元バリスタがお勧めするコーヒー文化の首都ウェリントンにあるお勧めカフェを紹介しながら、ニュージーランドのコーヒーも紹介していきます。

お勧めカフェ

Memphis Belle Coffee House

Memphis Belle Coffee House01

ウェリントンで一番美味しいコーヒーが飲めるのはどこ?と聞かれたら間違いなくMemphis Belle Coffee Houseをお勧めします。 コーヒーの味はバリスタ次第なんですけど、いつ行っても必ず「美味しい!」と思えるコーヒーを出して来ます。

Memphis Belle Coffee House02

ニュージーランドのコーヒーと言えばFlat White(フラットホワイト)が一番有名です。

エスプレッソのコーヒーとスチームミルクを合わせたものでコーヒーがけっこう濃い目です。 もしミルクタップリのコーヒーが好きな方はLatte(ラテ)を頼んでみると良いですよ。

Memphis Belle Coffee House

住所:38 Dixon Street, Te Aro, Wellington, New Zealand
営業時間
月火: 7:00 am - 5:00 pm
水-金: 7:00 am - 7:00 pm
土: 8:00 am - 7:00 pm
日: 8:00 am - 5:00 pm
Web: https://www.facebook.com/memphisbellecoffeehouse

Olive

Olive01

雰囲気が良い&料理が美味しいカフェでお勧めするのがOliveです。
Oliveは ウェリントンの中でもっとも栄えている通りの1つCuba Stにあります。

Cuba Stにはたくさんの飲食店が軒を連ねているんですけど、Oliveには常にお客さんがたくさんいて活気に満ちあふれています。

Olive01

個人的にニュージーランドに来たら飲んで欲しいのがカプチーノ(Cappuccino)です。

日本のカプチーノと違ってシナモンの代わりにチョコレートがかかっていていてほんのり甘め、泡はシットリしていてすごく美味しいです。 甘いコーヒーが好きな人は、カプチーノにチョコレートソースが入ったモカチーノ(mochaccino)を飲んでみましょう!

あと牛乳が入っていないブラックが好きな方には、エスプレッソコーヒーをお湯で割ったロングブラック(Long Black)か、ロングブラックよりコーヒーが薄めのアメリカーノ(Americano)がお勧めです。

Olive Cafe

住所:170 Cuba Street, Te Aro, Wellington, New Zealand

35 Hopper St

Hopper St

最後にお勧めするカフェはウェリントンに住んでいる人も知らない人が多い、穴場中の穴場を紹介します。 35 Hopper Stはコーヒー焙煎所に併設される朝8時くらいからお昼12時くらいまで平日だけ空いているカフェです。

営業時間はけっこう曖昧で変わることが多いんですけど、味は焙煎所に併設されているだけ合って折り紙付きです。 毎週金曜日はお会計の時にサイコロを振ってゾロ目が出たら無料になるお遊び心も満点です。

35 Hopper St

住所:35 Hopper St, Te Aro, Wellington, New Zealand

{mosmap address='35 Hopper St, Te Aro, Wellington, New Zealand'|zoom='13'|text='Memphis Belle Coffee House'}