ホームメイド、ハンドメイドがいっぱい! ニュープリマスの個性が光るマーケットめぐり

ホームメイド、ハンドメイドがいっぱい! ニュープリマスの個性が光るマーケットめぐり

いつもなら屋内ですることを、屋外でするのは気分が変わって楽しいもの。例えば、ピクニック。同じものを食べているのに、外だとなぜかもっとおいしく感じられたりするものです。ショッピングもそのひとつではないでしょうか。さんさんと降り注ぐ太陽のもと、マーケットをあちらこちら見て歩くのは、デパートやショッピングセンターでの買い物にはない、開放的な雰囲気があって楽しいものです。その時、その時で出ているお店が違うのも、マーケットならでは。お気に入りを見つけたら、すぐにゲット! 次回そのお店が出ているとは限りませんから!

週末は、各々ユニークなマーケットにお出かけ

ニュープリマスには、定期的に開かれるマーケットが幾つかあります。ロケーションに特徴があったり、扱うものに特徴があったりと、どれも個性的。どのマーケットに行っても、売り手と扱うアイテム、買い手の様子などから、この町での人々の暮らしが垣間見られるような気がします。

通常の店舗が屋台としてお店を出しているケースもありますが、ほとんどが本業は別という人たちによるもの。自分の趣味、特技などを生かしての出店で、アイテムは手づくりのものがほとんどを占め、バラエティーに富んでいます。マーケットをそぞろ歩くと、いつも「ニュープリマスには、いろいろな才能のある人がたくさんいるものだなぁ」と感心させられます。

どのマーケットも土曜日か日曜日に行われますが、そこは小さなこの町のこと。週末は、マーケットの「はしご」といきましょう!

月に1度の開催日を待ちわびる人もいる、海を目の前にしたマーケット ~The Seaside Market

規模・人気ともに一番なのが、「シーサイド・マーケット」。町の西部にあるナモツ・ビーチの波打ち際からすぐのところで開かれるので、お天気のいい日は最高! のんびりとした気分でショッピングが楽しめます。大きく分けると、食品、ハンドメイドも含めたグッズ、軽食を扱う3つのエリアがあり、毎回70もの露店が軒を連ねます。

食品を扱う屋台では、オーガニックの野菜や果物といった生鮮食料品、ホームメイドのジャムやチャツネ、試飲もできるコーヒー豆、マカロン、カップケーキなどを売っています。グッズ類も実にバラエティー豊富。インテリア雑貨あり、アート作品あり、服あり、バッグや小物あり、ジュエリーやアクセサリーあり、パワーストーンあり、自然派ソープやハンドクリームあり、キャンドルあり……挙げれば切りがありません。中には仕入れたものもありますが、それは少数派。ハンドメイドの、オリジナリティあふれるアイテムが目白押しで、あれも、これもほしくなってしまうのが困りものです。

ユニークなところでは、マッサージを受けられるお店、フェイスペインティングやヘナ・タトゥーをしてくれるお店もあります。バウンシーキャッスル(お城や船などいろいろな形をした、空気圧式の大型トランポリン)、カート(小型の車)、ヨガなど、毎回何かしら子ども用のアトラクションが用意され、家族連れで賑わっています。

軽食もなかなか充実しており、それ目当てにマーケットを訪れる人も。移動式の釜で焼いた本格派のピザ、ビーチにはなくてはならないアイスクリームやジェラート、生春巻を中心としたベトナム料理、ブリトーやケサディラなどのメキシコ料理、ニュージーランドのものとはひと味違うジャーマン・ソーセージ、素材も見た目もひと工夫凝らされた、絶品のパンケーキなど。テーブルが設けられているので、地元のミュージシャンの生演奏を聞きながら、好きなものをゆっくりどうぞ。

場所 Ocean View Parade, New Plymouth
開催日時 毎月第一日曜日 11~4月9:00~14:00、5~10月10:00~15:00
フェイスブック https://www.facebook.com/theseasidemarket/

ハンドメイド・グッズに目がない地元っ子御用達 ~Puke Ariki Art and Craft Market

手づくりのアート&クラフト・アイテムに特化した「プケアリキ・アート&クラフト・マーケット」は町の中心部にあるフアトキ・プラザで開かれています。毛糸で美しく編まれたマフラーやビーニー、観葉植物を取り入れたインテリア・デコレーション、子どもなら誰でも夢中になりそうなテディベアや人形、ニュージーランドらしいグリーンストーン(ヒスイ)のペンダント、シルバーやパワーストーンを使ったジュエリー、大人やティーンエージャーに人気の、ユニークな表情のクッション型をした人形、温かみあふれる木製のおもちゃなどが、人々の目を引きます。

自分のためだけでなく、引っ越し祝い、記念日や誕生日のプレゼントといったように贈り物用のものを探しに来る人も多くいます。どこででも手に入るものより、やはりハンドメイドされた個性的なものの方が喜ばれるからに違いありません。これはお土産にもいえること。日本で待つあの人へのプレゼントにぴったりのものが見つかるかもしれません。

場所 Huatoki Plaza, New Plymouth
開催日時 毎週土曜日10:00~15:00
フェイスブック https://www.facebook.com/Puke-Ariki-Art-Market-444729509036634/

町の中心部に、生鮮食料品マーケットが出現。ジャムやパンなども ~Farmers’ Market Taranaki

日本でも開かれている、「ファーマーズ・マーケット」は、ここニュープリマスにもあります。出店しているのは、規模は小さくても、丁寧に作物を育てている農家です。売りは言うまでもなく、オーガニックの農産物。日本では見かけない種類や大きさの野菜や果物もあって、見ているだけでも楽しくなります。採れたてのこれらはそれぞれとても色鮮やかで、見るからにおいしそう。「食べて、食べて!」と言っているかのようです。ほかにベーコンやソーセージなどもあります。オーガニック・ライフを始めたい人のためには、オーガニック野菜の苗やニワトリまでもが売られています。

ホームメイドの食品も人気です。品ぞろえは、ジャム、フルーツソース、ナッツ、ナッツバター、ハチミツ、ミューズリー・バー、各種パンやペーストリー、ホムス(ヒヨコマメのペースト)など。パンなどは、買ってすぐにパクッといきたいところです。これらは、ほとんどがお店の人が育てたり、厳選したりした材料が使われています。まさに「ご当地グルメ」といえそうですね。

場所 Huatoki PlazaまたはCurrie St., New Plymouth
開催日時 毎週日曜日9:00~12:00
ホームページ http://www.farmersmarkettaranaki.org.nz/
フェイスブック https://www.facebook.com/farmersmarkettaranaki/

{mosmap lat='-39.057326'|lon='174.073977'| zoom='15'|text='Farmers’ Market Taranaki'}