あのハチミツ、食べてみたくない?アラタキハニービジターセンター!

あのハチミツ、食べてみたくない?アラタキハニービジターセンター!

NZといえば、思い浮かぶものはなんでしょう?羊や酪農を生かしたチーズ、サーモンやワインが有名ですね。そして隠れた名産品の一つが、ハチミツです。実はNZの1人あたりのハチミツ消費量は、世界1位。ネイピアにあるNZ国内大手のアラタキハニー社では、色んな花のハチミツを楽しめます。今回は、ハチミツの豆知識とおすすめのお土産をご紹介します!

国内のシェア24%!純粋なハチミツを作り続けるアラタキハニー社

アラタキハニー社は、1944年に創業されたNZ国内でもトップシェアを誇るハチミツ生産会社です。ホークスベイとロトルアに拠点をおき、国内だけでなく世界各地に品質の高いハチミツを輸出しています。

アラタキハニー社の販売するハチミツは、NZの家庭に一つはあるといわれるほどポピュラーなもの。NZではハチミツの輸入は禁じられています。そのため、同社の生産するハチミツは、すべて国内でとれた混じり気のないものです。

カラフルな容器に入ったハチミツを、パンに塗って食べたり、お料理に使ったり。スーパーで手軽に購入でき、生活の身近にあるのがハチミツです。

ニュージーランドのミツバチと農園の、切っても切れない関係

アラタキハニー社は、南半球ではトップのシェアを誇り、NZ全土で約2万個の巣箱を管理しています。60年以上前に家族経営ではじまった小さな会社が、なぜここまで大きく発展できたのか。それには、NZが農業大国であることに関係しています。

ハチミツを生産するミツバチは、「受粉」という大切な役割を担っています。ホークスベイ地域だけでも、6,000個もの巣箱が果実園に配置されています。これらの巣箱のミツバチは、受粉によって果実が実るのを助けます。ミツバチのおかげで、毎年キウイフルーツやモモ、フィジョアやブドウなど美味しい果物が食卓に届けられるのです。

ミツバチの豆知識を学べるアラタキハニービジターセンター

ネイピアの街から、車で20分。ハブロック・ノースの外れに位置するアラタキハニービジターセンターでは、こうしたミツバチの生態を学べます。

きれいな施設内には、同社の歴史やミツバチについて学ぶコーナーが。もちろん、ハチミツの販売も充実しています。

施設内の一角には、本物のミツバチの展示も。一匹のミツバチが、生涯で生産するハチミツの量はなんとティースプーン1杯。1キロのハチミツを集めるには、3ミリオンもの花が必要なんだとか。

ビジターセンターの訪問は、予約不要で無料です。ミツバチの小さな世界を楽しんでみてください。

クローバー、マヌカ、ポフツカワまで!充実の試食コーナー

アラタキハニービジターセンターの最大のお楽しみは、ハチミツの試食コーナーです。6~8種類のハチミツの味見ができます。NZ原産の植物のハチミツが味わえるのも特徴です。

中央に配置されたポンプから、少量のハチミツをスプーンにとり舐めてみます。それぞれの花ごとに、はっきりと味わいが違うのがわかります。

【クローバー】もっともポピュラーなハチミツです。年間を通じて、販売されています。

【レワレワ】NZの先住民族マオリの間では「太陽の木」として崇められるレワレワ。夏になると、真っ赤な花を咲かせます。スモーキーでリッチな味わい。魚料理やラム肉の料理にも合います。

【ブルーボリジ】ハーブの風味が特徴です。甘みが強く、紅茶にいれてハーブティーのように楽しめます。

【カワヒ】スモーキーで深い味わいのカワヒは、お菓子作りに好まれます。マオリ語で「幸福の木」を意味する樹です。

【タイム】料理にも使われるタイムの花からとれたハチミツで、強いハーブの香りがします。甘みのなかに、ミントのような強い辛みの刺激があります。

【ポフツカワ】真夏のNZでみられる、真っ赤な花を咲かせるポフツカワ。12月に開花することから別名、「クリスマスツリー」とも呼ばれています。時期が短いことから、珍しいハチミツです。

【マヌカ】いわずと知れた、NZで有名なハチミツです。独特の治療効果から、風邪の前に舐めるといった民間治療で支持されています。強い香りと濃厚な甘みは少しクセがありますが、食卓での普段使いでも愛されています。

試食のあとはお土産選び!マヌカハニーを使ったアイスクリームも!

いろいろなハチミツを楽しんだあとは、気に入った味のハチミツをお土産に購入するのもいいですね。時期によって、販売されている種類が変わります。

夏のシーズンは、ポフツカワのハニーがクリスマスのお土産にぴったり。

マヌカハニーは、殺菌作用を表すUMF3~15まで。豊富な種類展開でそろっています。

大きな容器は邪魔になるという方は、使い切りサイズのハチミツはいかがでしょう。1個$2.7なので、ちょっとしたお土産におすすめです。

ハチミツの巣ごと食べたい!というハニー好きには、コムハニーをどうぞ。タッパー400gで$18。たっぷりとハチミツを堪能できます。

店内で販売されている、マヌカハニーを使ったアイスクリーム($4)もおすすめです。地元ホークスベイで製造されているラッシュモンローのアイスクリームは、さわかやな口溶け。バニラとも違う、風味豊かな味わいに気分もリフレッシュします。

ひとすくいのハチミツが、まさに自然の恵みだと実感できるアラタキハニービジターセンター。味わいの異なるハチミツから、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

Arataki Honey Visitor Centre

66 Arataki Road, Havelock North

Tel: 06 877 7300

Open:9:00-17:00

Website: http://www.aratakihoneyhb.co.nz/visitor_centre.html