ダニーデンの最先端プラネタリウムで宇宙に行こう

ダニーデンの最先端プラネタリウムで宇宙に行こう

天体観測には晴天が必須ですが、ニュージーランドは1日の中に四季があるといわれるように、激しく雨が降ることも曇ることも多々あります。天気を味方につけて、満天の星を見たいものの、その夜は見られなさそう。そんな時には、街の中にあるプラネタリウムで極上の宇宙体験をすることもできます。

オタゴ博物館のプラネタリウムで宇宙体験

ダニーデンにあるオタゴ博物館には、最先端の設備を搭載したプラネタリウム(Perpetuaual Guardian Planetarium)があります。


オタゴ博物館入口で迎え入れてくれた館長のイアン・グリフィン氏

Otago Museum http://otagomuseum.nz/
開館時間:10AM-5PM
住所:419 Great King Street, Dunedin, New Zealand

2015年の12月からオープンしたこのプラネタリウムは、常に上映する映像が更新されていて、何度行っても飽きさせません。 宇宙の創生であるビックバンから現在までの経緯を見たり、天文界で話題となっているダークマターのことを知ったり、人類がまだたどり着けていない惑星、銀河、宇宙の奥までのバーチャルツアー体験ができたりします。

それから、先住民族(マオリ族)の視点から見た星空の物語、ポリネシア人がニュージーランドに来る際に星の位置を目印にして航海した話や、その夜に見られる星座・惑星・月などの位置から珍しい現象に至るまでの案内や、今やダニーデン名物となったオーロラの映像、 他にも最新技術を駆使した映像のストックが多数あるそうです。 なお、天体だけではなく、特別イベントとして現在はホオジロザメを研究しているダイバーの視点から映像を公開しています。過去には、バンド「エアロスミス」のプロモーションビデオを上映したり、映画「エイリアン」をハロウィンの日に上映するなど、様々なコンテンツで地元住民たちも楽しみに通えるように工夫しています。 これらの映像、音楽の制作は、世界各国から選抜されたスペシャリストが集まり実現したという他なはないものです。


プラネタリウムで見た地球


地球を取り囲む人工衛星の数々


土星の周りを周遊


マオリ族の星にまつわる伝説を上映


音楽バンド・エアロスミスの特別上映

鑑賞料は、上映する内容によって異なりますが、一般的には大人10ドル、3歳以上の子供7ドルです。 上映時間が決まっていて、予約優先となるため、人気上映は売り切れることもあります。そのため、こちらのウェブサイトで確認の上、事前のチケット購入をお勧めします。
http://otagomuseum.nz/whats-on/do/tuhura/planetarium/

世界的にも新しく、ニュージーランド内では最先端の設備であるこのプラネタリウムは、オタゴ博物館2階の中心にあり、直径9メートルの小さめのドーム型に51席を設置して、プラネタリウム業界屈指のEvens & Sutherlandの4Kデジタルプロジェクションシステムを導入することで、より近くで最先端映画館にも勝るリアルな体験ができるように工夫されています。


プラネタリウム作成時の様子


プラネタリウムのコントロール席と投影されるオーロラ


博物館館長のイアン・グリフィン氏の頭上に投影される銀河

オタゴ博物館は他にも見所いっぱい

オタゴ博物館には、世界各国から大人だけではなく家族連れの旅行者が訪れます。基本の施設は無料で、それだけでもニュージーランド近隣の生体の歴史や、渡ってきた人間の歴史などが化石や復刻模型などで存分に味わえます。子供達も興味津々で見入っています。 そして、プラネタリウムを筆頭とする有料施設の中でも、昨年12月に新装したTūhura科学館(Tūhura Otago Community Trust Science Centre)では最先端設備の科学を親子で楽しみ体験して学ぶことが出来ます。また奥には蝶々を生育している温室があり、そこでは半袖になり、いきなりの常夏体験が出来ます。蝶々達が美しい羽を広げ、蘭の花が咲き、小さな滝や吊り橋もある別世界です。頭や肩や手などに止まる蝶を楽しめます。冬場はよく近所の親子が暖を求めて訪れています。 ちょっと一息つきたい時には、ミュージアムカフェがオススメです。カフェスペースの脇にはキッズソーンもあるので、お子様連れでも美味しいコーヒーを楽しめます。


科学館のオープニングセレモニーで地元の高校生がマオリのダンスを披露


科学館体験 自転車に乗ると骸骨が一緒に動く


科学館体験 全身を使うパックマンはゲームっ子も大喜び


科学館体験 科学館体験 砂の高さで地形を疑似体験

晴れた夜は外に出よう

そして、もちろん夜になり晴れていたら、外には星空が待ち受けています。 少し街の中心から離れれば、 更に星空が凄くなります。ぜひ、こちらで今まで掲載していた、ダニーデンを中心にしたオーロラや夜空の案内を参考にしてみてください。 清々しい空気の中で空を眺めるのは、ニュージーランドのどこにいてもできる最大級の楽しみ方だと思います。
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin.html


ダニーデン特派員レポート 2018年2月12日掲載 南島の大自然の中で オーロラ鑑賞
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin/aurora-watching-in-south-iland.html


ダニーデン特派員レポート 2018年2月26日 掲載  ダニーデンを拠点にオーロラ鑑賞 とっておきの場所
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin/aurora-place.html


ダニーデン特派員レポート 2018年3月12日 掲載 ダニーデンを拠点にオーロラ鑑賞 とっておきの場所 [ロングドライブ編]
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin/aurora-expedition.html


ダニーデン特派員レポート 2018年4月09日 掲載 ダニーデンでキャンプ 星空を眺めながらオーロラを待つ
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin/aurora-camp.html


ダニーデン特派員レポート 2018年5月21日 掲載 ダニーデンを拠点に 星空の下で見える様々な天体現象 [前編]
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin/astronomical-phenomenon-part-1.html


ダニーデン特派員レポート  2018年6月11日 掲載 ダニーデンを拠点に 星空の下で見える様々な天体現象 [後編]
http://www.arukikata.co.nz/feature/local-report/dunedin/919-astronomical-phenomenon-part-2.html