ダニーデン、冬のビーチ

ダニーデン、冬のビーチ

現在ダニーデンの季節は冬の後半です。天気が良くなってそろそろ人が外に出てくるようになりました。ビーチではもうサーファー達が活動。とても素で泳げる気温ではありませんが散歩だったら十分楽しめます。今回は、冬のビーチを紹介します。

Black head beach

市内から車で20分程、採石場の向かい側にあります。

ここはサーファー向き。友人によると、ここは大きさは中くらい、でも突然真ん中で割れたりして一番面白い波があるんだそうです。

ダニーデンのビーチのいい点は、人が全然いないところ。もちろん自動販売機のようなものはどこへ行ってもないのであきらめましょう!

青のレイヤー、じっと座って眺めていると離れられなくなります。

ちなみにこのときの気温は11度でした。天気が良いように見えますが、風が冷たくて日はすぐに陰ります。

St. Clair beach

ここは市内からバスで一本で来れる、一番観光客の人がたくさん来るところです。
夏になると、海の水より暖かめの塩水プールが使えます。サーファー、住人、旅人、老若男女、さまざまな人々が行き交う最も賑やかなビーチ。ヒューマンウオッチングにもちょうどいい。

St. Clair beach はちょっとリッチめのエリア。洗練されたカフェがならんでいます。そして、ぜひおすすめのイタリアンレストランがここにあるのです。

その名もTHE ESPLANADE !(www.ESPLANADE.co) 決して安くはありませんがNZで一番美味しいイタリアンレストランと言われています。天気がいいと混んでしまうので雨が降ったら行こうかな。

ピザのかわ、薄くてさっぱり。具たっぷり。これは色んな味を試したいのでミックスにしてください、と頼んだら出てきた$24。おいしかった〜〜〜〜〜!!!

釜焼きです!

ビーチの真向かいにあるので青い海を見ながら食事ができます。

そばに公園があるので子供達はそこへ。週末になると向かい側のカフェで、コーヒーやビールを飲みながら目はこどもたちへ、という風景がよく見られます。

St. Kilda beach

St. Clair beach のすぐ側で、ここはタオル片手にフラッと行くビーチ。ここも天気がいいと人が増えますが、日本ほどではないのでリラックス。

ちょっと勇気をだして土手を降りていきましょう。帰ってくるときには砂だらけになるのがちっともかまわなくなるくらい気持ちの良いビーチが待っています。

ここにも dinosaur park という子供達が大好きな公園があります。

Tomahawak beach and Smaills beach

St Kilda beach から南方面に行くと、さらに美しいビーチが現れます。ここまでくると、ほとんどいつも誰もいません。Tomahawak beach は小さくて近所のひとが犬の散歩をしているのしか見たことがありませんがとっても水が澄んでいて綺麗ですよ。

Smaills beach 。確かにビーチによって波の形が違うんだなあ、とつくづく。ここは上から見るだけです。

Peninsula top

オタゴ半島は海も緑も同時に見られてドライブにぴったり。上側と下側に道があるので行き帰りで両方楽しみましょう。

先端地はアルバトラスで有名な観光スポットがあります。そこから眺める海の風景は特別です。

Otakou beach ( Peninsula bottom)

美しくて小さなビーチが次から次へと出てきます。
特にPortobelloはバードウオッチッチング、静かな長い散歩が好きなひとにとっては家に帰りたくなくなる場所でしょう 。

歩く木。今日は家族で海水浴かな?

Mcandrew beach ( Peninsula bottom)

このビーチはこの辺りに住むひとの重要な社交場でもあります。ビーチの砂は別のところから持ってきている、と聞きましたが確かにいつも柔らかい砂がたっぷり。
水着に着替えて寝そべったり、カーヤック、水泳、孫と戯れる、この小さな空間で思い切り、近所の人と挨拶を交わしながらビーチライフを楽しみます。向かいにはカフェレストランがあるので、そこからコーヒーやチップスをテイクアウトも。

Osbourn beach

このビーチは特に、ローカルの人が守りたがっている場所です。あまり団体客は歓迎されません。行くときはひっそりと。ゴミは決して落とさぬよう、向かい側から来る人にはしっかり目を見てにっこり笑ってHiと言う、拾ったもの(ゴミ以外)は持ち帰らぬよう、心がけましょう。

静かな美しさがずっと遠くまで続きます。めずらしい鳥がたくさん見られますよ。