クライストチャーチのアイコン、トラムに乗車!

クライストチャーチトラム

クライストチャーチの中心地を、チーン、チーン、ガタゴト…と音を鳴らしながら走っていくトラム。
街のアイコン的存在として親しまれているよ。

クライストチャーチの街を走るトラム

トラムのレーンの延長工事を数年して、これからより便利になる・・・って時に地震があって一時運休していたんだけど、2013年に再開!
今はまだ一部区間の往復運転のみでも、今後少しずつ区間が広くなっていく予定なんだ。

住民の足というよりは完全に観光用だよ。
でも昔はクライストチャーチの郊外までトラムで移動出来たんだって!

そんなトラムに乗ってきました!!

一部区間だけど再開したトラムのルート

トラムは、どこからでも乗車可能!

乗車券を買ってトラムに乗り込むと…昔から使い込まれているのに、しっかりメンテナンスされているから外も中もピカピカ!

トラムの内部

ルートは、New Regent Streetの端からスタート!カセドラルジャンクションを通って大聖堂広場へ。その後、エイボン川を渡って、アートセンターの前を通過し、カンタベリー博物館の前が終点になってるんだ!

今のところは、まだ以前のようにループになっていてぐるっと一周できるわけじゃないの。

トラムは運転席が前後にあるから、カンタベリー博物館前に到着すると、運転手は後ろ側に移動して、また来た道を戻る!

これから段階的にルートを広めていく予定だけど、今のところは、まだ狭い区間でのみの運行。それでもこのかわいいレトロな車体がシティーを走るのは絵になるね!!

2014年の後半には、トラムの中でディナーを楽しめるTram Restaurantの再開や、ルート延長の第二段階として、コンテナショッピングモールまで行けるようになる予定なんだって。

車窓から眺めを楽しむ

トラムは移動手段というより、車窓を楽しみながらゆっくりと揺られて進んでいくのを楽しむ観光用の路面電車。

運転手さんはとてもフレンドリーで、停車時とか話しかけると気軽に応えてくれる。運転中は、マイクでいろいろ観光案内してくれるよ。

フラワーフェスティバル期間中は、トラムも花で彩られていたり、ラグビーの試合があるときには、黒と白の風船やリボンが飾られることも!

トラムを含んだツアーもおすすめ!

料金は、大人は10ドル、5才~15才は無料(大人一人に対して子供3人まで)5才以下も無料。
チケットを一度買えば、1日中乗り降り自由だよ!

トラムの停留所

クライストチャーチでの滞在期間が短いなら、クライストチャーチの見所のいくつかをいっきに周れるグランドツアーに参加してみるのもいいかも。

朝10時頃から3時までの半日ガイドツアーで、トラムだけでなく、エイボン川でのパンティングや植物園のツアー、ゴンドラで丘の頂上に上ったり、サムナービーチやその街並みを楽しめる。大人119ドル、5才~15才までは69ドル、5才以下の子供は20ドルで、ホテルからの送迎も無料。