仮設大聖堂カードボード・カセドラルに行ってきました!

仮設大聖堂 カードボード・カセドラル

クライストチャーチの新名所!カードボード・カセドラル

カードボード・カセドラル内部クライストチャーチのシンボルだった大聖堂。地震で大きなダメージを受け再建するまでに長い時間がかかるので、その間に使うため建てられたのが、この紙でできた仮設大聖堂のカードボード・カセドラルです。

当初の予定より建設に時間がかかり、2013年8月にようやく完成!以来、クライストチャーチの新名所になっています。

特殊な紙で作られた大聖堂

カードボード・カセドラルのステンドグラスこの大聖堂は日本人建築家の坂茂さん設計で、特殊加工された紙を建築資材として利用しています。紙で本当に大丈夫なの?と思ってしまいますが、しっかりと防水加工された建築基準も満たした丈夫なものとなっており、半永久的に利用できるんです。

中に入ると、教会自体はもちろん、内部にある祭壇もすべて紙管で統一されており、ログハウスみたいな温かい雰囲気。また正面にはステンドグラスで彩られており、細部までデザインにこだわりが感じられます。

ここは楽しむ観光地というよりは落ち着いた大聖堂ですので、観光客も中の椅子に座ってゆっくりと過ごしている様子をよく見かけます。

仮設大聖堂へのアクセス

カードボード・カセドラル外装カードボード・カセドラルは大聖堂広場にあるのかと思われることが多いのですが、大聖堂広場に建ってるわけではありません。大聖堂広場からは徒歩5分位の場所!

バスターミナルから、Colombo Stを大聖堂方面に歩いて行くとRe:STARTモール(コンテナで出来たショッピングモール)のあるCashel Stがあり、さらに大聖堂広場に行けます。大聖堂広場からは、Colombo Stと交差するWorcester Stを、ボタニックガーデンやカンタベリー博物館とは反対方向に歩いて行くと、ラティマースクエアという広場かあって、この広場に面した場所に紙の仮設大聖堂があるのですぐに分かります。