ゆっくりと散策したいクライストチャーチ植物園

クライストチャーチ植物園

クライストチャーチの中心地に隣接するボタニックガーデン。ガーデンシティとも呼ばれるクライストチャーチ市民の憩いの場でもあるんだ。隣にあるカンタベリー博物館と合わせて、人気の観光スポット。

ボタニックガーデンの入り口にはインフォメーションセンターがあって、ここで日帰りツアーやアクティビティーの申し込みもできるよ。すぐ前の通りはいろんなツアーの出発地点にもなってる!

新しく完成したビジターセンター

ボタニックガーデンには新しいビジターセンターが2014年4月にオープン!オープン式典には、イギリスのウイリアム皇太子、ケイト妃も出席したよ。

全面ガラス張りのビジターセンターの中には、お土産屋さん、カフェ、植物に関する図書館や、研究施設も。

ここには、カンタベリーの歴史についての展示コーナーも!

ちょっとしたコーナーだけど、けっこう見ごたえがある。

子供たちも興味津々で見てたよ。

四季を通じて楽しめるボタニックガーデン

ボタニックガーデンは庭師がしっかりと手入れをしているから、四季を通じていつ行っても楽しめるんだ。秋は紅葉、春先はラッパ水仙が川の周り一面に広がり、川にはカモの赤ちゃんが見られたり、夏は2ヶ所ある違った種類のバラ園も!

地元の人は、天気がいいとランチを持ってきて芝生で食べている人も見かけるよね!私も暖かくなると、ピクニックしに来るんだ。

パンティングやカヤックも楽しめる!

すぐそばにあるBoat Shedからは、ボタニックガーデンの中を流れるエイボン川のパンティングやカヤックも楽しめるよ。ボタニックガーデンの中をスイスイと漕いで行くなんて気持ち良さそう~。

クライストチャーチ植物園へのアクセス

大聖堂広場からWorcester Streetをハグレーパークの方に進んでいけば、突き当たりがカンタベリー博物館で、そのすぐ隣にボタニックガーデンの入り口があるからすぐに分かるよ。