手つかずの大自然が広がるダウトフルサウンドへ行こう!

手つかずの大自然が広がるダウトフルサウンドへ行こう!

ニュージーランドを代表する観光スポットの一つといえるのがフィヨルドランド国立公園。ユネスコの世界遺産に登録されたテ・ワヒポウナムの一部で、氷河の浸食によって形成されたフィヨルドが大きな見どころです。

日本人旅行者にはミルフォードサウンドが有名ですが、もう一つおすすめしたいのがダウトフルサウンド。ここは陸路ではアクセスすることができず、ベースタウンのマナポウリからマナポウリ湖を船で渡り、そこからさらに峠を越えたところに位置する秘境です。訪れる観光客の数も少なく、より静かに手つかずの大自然を満喫できる穴場スポットといえます。

スケールの大きな自然と野生動物に会えることが魅力!

ダウトフルサウンド
Photo: © Real Journeys

ダウトフルサウンドは国立公園内で2番目に大きなフィヨルド。ミルフォードサウンドの何倍ものスケールを誇り、その雄大さに圧倒されます。前述の通り、ダウトフルサウンドへ直接通じる道がないため、ここを訪れるにはツアーに参加するのが一般的。マナポウリ湖を横断するクルーズでも美しい景色が楽しめます。

対岸に到着したらバスに乗車し、ウイルモット峠を越えます。この峠に道路を開通するのは非常に困難で、ニュージーランド史上、最も費用が投入された道路として知られています。道中は鬱蒼とした温帯雨林が続き、アドベンチャー気分が高まります。標高670mの峠で一旦下車し、眼下に広がるダウトフルサウンドを望む時間も用意されています。

標高670mの峠
Photo: © Real Journeys

ダウトフルサウンドへ到着したら、広々とした快適な双胴船に乗り込み、約3時間の船旅がスタート。水面から鋭く切り立つフィヨルド特有の迫力ある岩山は圧巻のひとこと。年間を通じて雨が多いエリアですが、そんな日は山肌を無数の滝が流れ、幻想的な雰囲気が味わえます。

フィヨルド
Photo: © Real Journeys

ダウトフルサウンドにはバンドウイルカやオットセイ、希少なニュージーランド固有のフィヨルドランド・クレステッド・ペンギンなどが生息しています。壮大な景色はもちろん、こうした野生動物を観察するのもダウトフルサウンド観光の醍醐味です。

クイーンズタウンからの日帰りツアーが人気

日帰りツアー
Photo: © Real Journeys

ダウトフルサウンドへの日帰りツアーはテアナウやマナポウリからも出発していますが、そこまではレンタカーを借り、自力で行かなくてはなりません。慣れない道を運転して指定の時間までに集合場所へ辿り着くのが不安なら、クイーンズタウン発着のツアーを利用しましょう。クイーンズタウン市内のホテルでピックアップしてもらえるので便利です。

ダウトフルサウンド 遊覧クルーズ&バスツアー

船内で1泊するオーバーナイトクルーズも!

オーバーナイトクルーズ
Photo: © Real Journeys

時間に余裕があり、じっくりダウトフルサウンドを満喫したい方には船内で1泊するオーバーナイトクルーズがおすすめ。船内の客室はシャワー・トイレ付きの個室のほか、4名1室のドミトリーもあります。

ダウトフルサウンドの静かな入り江に錨を下ろしたら、カヤックもしくは小型ボートで海岸線をのんびり探検。水温はかなり冷たいですが、泳ぐことも可能です。感動的な夕暮れ、満天の星空、静寂の朝焼けなどダウトフルサウンドのさまざまな姿を堪能できるのはオーバーナイトクルーズならでは。3コースのブッフェディナーと朝食付きで、世界中から来た旅行者と交流するのも楽しいでしょう。客室はシャワー・トレイ付きの個室のほか、4名1室のドミトリーもあります。

催行会社:リアルジャーニーズ

電話:0800-656501(ニュージーランド国内通話料無料)、03-249-6000
料金:クイーンズタウン発着NZ$475~、テアナウ発着NZ$435~
URL:www.realjourneys.co.nz

ダウトフルサウンドをもっと楽しむコツ

  • 晴れていても雨具の用意を……天候が変わりやすいので雨具の用意があるといいでしょう。折りたたみ傘ではなくフードの付いたレインジャケットがおすすめです。
  • 羽織れるものを持参しよう……夏でも冷えることがあるのでウインドブレーカーなど羽織れる上着があると重宝します。
  • カメラは広角レンズがイチオシ……圧倒されるような大自然が魅力のダウトフルサウンド。ワイドに撮れる広角レンズがあると雄大な風景をカメラに収めることができます。