子連れでも安心!クイーンズタウンのおすすめカフェ・レストラン

子連れでも安心!クイーンズタウンのおすすめカフェ・レストラン

女王が住むのにふさわしい街」と呼ばれるほど美しいクイーンズタウン。国内でも随一の観光都市として、世界中からの旅行者で1年中にぎわい、おしゃれなカフェ・レストランが軒を連ねています。

家族との時間を大切にするニュージーランドでは、基本的にどこの飲食店も子連れフレンドリー。小さい子どもを連れたファミリーがコーヒーや食事を楽しんでいるのは日常の光景です。ハイチェアはもちろんのこと、お店によってはおもちゃが用意されている所も。

ただ、赤ちゃん期を過ぎて子どもが歩くようになると、店内で歩きたがったり、アレコレ触ろうとしたり、せっかくカフェに来ても親は全く落ち着かず。。まだ大人しく座っていられない年齢の子連れだと、お店を選びますよね。

この記事では、特に歩き回る年齢の子どもと一緒でも安心して行けるクイーンズタウンのカフェをピックアップしました。

ポイントは以下

  • 遊べる遊具が近くにある
  • ゆったりめスペース

では紹介していきます。

Bath House バスハウス

絶景ロケーション!プレイグラウンド真横のカフェレストラン

絶景!クイーンズタウン市内でとびきり抜群のロケーション。青く透き通った湖が目の前にあり、絵葉書のような美しい景色を眺めながら食事やコーヒーが楽しめることで、ローカルや旅行者に大人気です。100年以上も前に、おしゃれな公衆浴場として始まった歴史ある建物。バス・ハウス(Bath =入浴 House)という名前はそのままに、カフェとして生まれ変わり地元で愛され続けています。天気がいい日は、湖に面した外のテーブル席がおすすめ。

エッグベネディクトやパンケーキなどNZ定番スタイルの朝食、ランチタイムには、ラムシチュー、カレー、タコスなど多国籍なメニュー。トーストやパスタ、パンケーキなど子供メニューも用意。グルテンフリー(小麦不使用)のデザートも。

カフェ真横、湖畔のプレイグラウンドは広く、小さな子から小学生くらいの子供が遊べる遊具がたくさん。店内からプレイグラウンドが見える訳では無いのですが、すぐ隣に子どもが遊べる場所があるのは親としてはうれしいポイント。子どもがお昼寝しているタイミングを見計らってコーヒータイム、起きたら隣の遊具で遊ばせるのが我が家のモデルコース。

Bath House バス・ハウス

営業時間:月曜&火曜 9am – 7pm / 水曜〜日曜 9am – 10pm
住所:Marine Parade Queenstown Bay, Queenstown 9300 New Zealand
駐車場なし(街中の有料パーキングを利用)、徒歩のみ。
URL:http:/www.bathhouse.co.nz/

【子連れ情報】
  • ハイチェア有
  • ベビーカー入店OK
  • オムツ台は無し(外のベンチでオムツ交換したりしてます)
  • すぐ近くに公衆トイレあり

Yonder ヨンダー

センス抜群!ファミリーでにぎわうテラス席&ポップな店内も広くておしゃれ

クイーンズタウン街中に新しくできたカフェ&バー。重厚感あふれる石造りの建物と、ポップな店内がおしゃれでセンス抜群。テラス席も開放的でとても気持ちがよく、コーヒーやお酒を楽しむ人たち、子連れファミリーでいつもにぎわっています。街中心部にあるカフェの中でも、店内が広い&天井も高いのでゆったり。ベビーカーでも入店しやすく、大きな長テーブルもあるので人数が多い時に重宝しています。

メニューは多国籍な創作カフェフードで見た目もおしゃれなものばかり。多様な食事スタイルを考慮して、すべてのメニューに「ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー、乳製品なし」といった対応が可能か記載があるこだわりよう。上記で紹介した、バス・ハウス隣のプレイグラウンドへも歩いてすぐ!街の中心部でおしゃれに子どもとカフェタイムを楽しみたいならおすすめです。

Yonder ヨンダー

営業時間:毎日朝7:30〜夜遅くまで
住所:14 Church St, Queenstown 9300 New Zealand
駐車場なし(街中の有料パーキングを利用)、徒歩のみ。
URL:https://www.yonderqt.co.nz/

【子連れ情報】
  • ハイチェア有
  • ベビーカー入店OK
  • オムツ台あり

The Boat Shed ボートシェッド

晴れた日は芝生で子どもとのんびり 山と湖を眺める絶景カフェ

カフェ目の前の湖と壮大な山脈、うっとりするような景色を眺めながらのんびりできるローカルの定番スポット。

クイーンズタウン街中からは車で10分。1800年代に貨物列車オフィスとして使われていた建物がカフェに生まれ変わり、ビンテージ感溢れるおしゃれな店内はとてもあたたかな雰囲気。ゆったりとしたスペースがあり、湖に近い席は天井から光がたくさん入ります。

なんといっても最高なのは、ウッドデッキ真横に広がるワカティプ湖と大自然の景色。外の芝生スペースにもテーブルがあるので、天気のいい日はそこで子どもたちをのびのびと遊ばせながらママパパはコーヒー飲んだり食事して、とてもリフレッシュできますよ!地元ニュージーランド産食材を使った、多国籍でおしゃれなフードを楽しめます。

レイク沿いの絶景ウォーキング・サイクリングコースの途中にあるので、カフェへ行く前後に子どもとお散歩するのも楽しいです。

The Boat Shed ザ・ボートシェッド

営業時間:毎日 8:00am〜5:00pm (キッチンクローズは3:00pm、それ以降はキャビネット内のケーキなど軽食のみ)
住所:874 Frankton Road, Queenstown 9300 New Zealand
URL:http://www.boatshedqueenstown.com/

駐車場あり
【子連れ情報】
  • ハイチェア有
  • ベビーカー入店OK
  • オムツ台あり

Odelay オデレー

飛行機がみえる&子どもが外で走り回れる!シンプル&美味しいフードが人気のローカル定番カフェ

飛行場のすぐ隣にある、ローカルに人気のカフェ。居心地のいいポップでかわいらしい雰囲気の店内は、いつもお客さんでいっぱいです。子ども用おもちゃも。クイーンズタウン空港の裏にあり、飛行機、セスナ、ヘリコプターが見られるので、飛行機好きの子どもには最高。外のテーブル席は広く、子どもたちが走り回っても大丈夫なほど。

地元の食材を使ったメニューはシンプルで美味しく、卵、鶏肉、ベーコンは放し飼いで飼育されたものを使用。エッグベネディクトやベーコン&エッグなどNZカフェ定番のメニューに加え、ヘルシーなグラノーラやスムージーボウル、ランチタイムにはラクサヌードルなどおしゃれで美味しいフードたち。ラップサンドやデザートなど、キャビネットフードも豊富です。キッズメニューは、朝食にフルーツサラダ、スクランブルエッグ、パンケーキの3種類、ランチタイムはハムチーズトーストやパスタに、フルーツ、ジュース、クッキーがセットでついてきます。

Odelay Cafe オデレー カフェ

営業時間:毎日7:30am - 4pm
住所:5 Hawthorne Drive, Unit 10 The Landing Remarkable Park Frankton Queenstown New Zealand
電話番号: 03-442-7108
駐車場あり
URL:http://odelay.co.nz/

【子連れ情報】
  • ハイチェア有
  • ベビーカー入店OK
  • オムツ台なし(少し歩いたところにあるリマーカブルズパーク内の公衆トイレにはあります)

The Hayes ヘイズ

(番外編)滑り台&砂場で遊ばせながらママパパはコーヒータイム!住宅街にあるおしゃれなカフェ

クイーンズタウン街中からは若干離れていますが、子連れにはおすすめの場所なので番外編として紹介します。

白を基調としたモダンなインテリアがおしゃれで、大きな窓が開放的なカフェ。クイーンズタウン郊外の「レイクヘイズ」という新興住宅街にあり、そこに住むファミリーが子連れでも食事を楽しめるようにとキッズフレンドリー! 壮大な山の風景が見られる外の広いテーブル席の隣には、子どもたちが遊べるすべり台付きの小屋や砂場があります。子どもの様子を見ながら大人はコーヒー飲みながらおしゃべりしてリフレッシュ。このスペースでかなり長いこと夢中で遊んでくれるので、子連れファミリー同士よくここで集まってワイワイしています。

ニュージーランドらしい定番メニューがならび、ピザ、ハンバーガーなど、そのほとんどがグルテンフリー(小麦不使用)に変更可能という気のききよう。ピザはビーガン対応もできるそうです。 このカフェから歩いてすぐの所に、遊具で遊べるプレイグラウンドもありますよ!

The Hayes ヘイズ

営業時間:月: 10:30am - 5:30pm | 火〜金: 10:30am - 夜まで | 土日: 8am -夜まで
Deli Mon-Sun: 7:30am - 8pm
住所:1 onslow road Lake Hayes Queenstown 9304 New Zealand
駐車場あり
URL:https://www.thehayes.co.nz/

【子連れ情報】
  • ハイチェア有
  • ベビーカー入店OK
  • オムツ台あり

子連れお役立ち情報

  • High Chair:ハイチェア、子供用椅子
  • Fluffy(フラッフィー):泡立てた温かいミルク(コーヒーに入れる泡立てミルクの上の部分)。どのカフェでも、子供用に無料〜NZ$1.5ほどで提供してくれます。サイドにマシュマロがついてくることも。
  • Colouring:ぬりえ。だいたいどこのカフェにも色鉛筆とセットで用意してあります。キッズメニュー自体が塗り絵になっているものも。
  • Dietary Requirement:食材の特別リクエスト(グルテンフリー、ベジタリアン、ヴィーガン、乳製品なしなど)