ニュージーランドで「おひとりさまごはん」

ニュージーランドで「おひとりさまごはん」

気ままで自由な一人旅。ニュージーランドは治安がよく、親切で交流しやすい人が多いため、一人旅にもおすすめな国です。とはいえ、旅行中、一人で外食することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。そこで、気兼ねなく「おひとりさまごはん」を楽しむコツをご紹介します。

朝食やランチはカフェで!

「ニュージーランドにはどの街にも個性豊かなカフェがあり、コーヒーはもちろん、食事も秀逸です。気軽に入れるカジュアルな雰囲気で、単身者の利用も多く、一人でも快適に過ごせるでしょう。

最近はWi-Fi完備の店も増えてきたので、スマホで調べ物などができる点も便利。また、ほとんどのカフェに閲覧用の雑誌や新聞が置かれており、手持無沙汰になりません。カフェの営業時間は基本的に7:00~16:00頃なので、朝食やランチに利用しましょう。

毎日通ってもOKなフードコート

おひとりさまごはんの強い味方といえばフードコート。さまざまなジャンルの店が入っているので滞在中に何度通っても飽きません。レストランより割安なのもポイントです。

利用しやすい分、味気ないイメージがあるかもしれませんが、オークランド中心部の「エリオット・ステーブル」やクライストチャーチの「リトルハイ・イータリー」などおしゃれな雰囲気のフードコートも存在します。この2軒は夜も営業しており、バーもあるため、ディナーや軽く飲みたいときも重宝します。

エリオット・ステーブル/Elliott Stables

1910年に建てられた歴史的な建物を利用したシックなフードコート。ハンバーガー、中華、ピザ、シーフード、寿司、ケイジャン料理など。

詳細情報

住所:39-41 Elliott St., Auckland
営業時間:7:00~21:00(土・日曜9:00~)
URL:www.elliottstables.co.nz

リトルハイ・イータリー/Little High Eatery

詳細情報

住所:255 St. Asaph St., Christchurch
営業時間:月~水曜7:00~22:00、木~土曜8:00~23:00、日曜8:00~22:00
URL:www.littlehigh.co.nz

ワンランク上のファストフード

ファストフード店も一人でも利用しやすい店のひとつ。日本でもおなじみの大手チェーンもありますが、グルメバーガーの「バーガー・フューエル」、タコスやブリトーが楽しめる「メキシカリ・フレッシュ」などニュージーランド発祥のお店にトライするのがおすすめです。

こちらもチェック!
ニュージーランドの絶品バーガー

バーガー・フューエル/Burger Fuel

ボリューミーでおいしいハンバーガーを提供する全国チェーン。ミニサイズあり。

URL:www.burgerfuel.com/nz

メキシカリ・フレッシュ/Mexicali Fresh

新鮮な食材を使ったヘルシーなメキシコ料理のチェーン。オークランドを中心に、マウント・マンガヌイ、ネイピア、クライストチャーチなどに支店あり。

URL:www.mexicalifresh.co.nz

デリやテイクアウトを活用!

スーパーのデリで総菜やサンドイッチなどを購入し、ホテルの部屋でのんびり楽しむのもいいでしょう。あるいはニュージーランドではテイクアウェイ(Takeaway)と呼ばれるテイクアウトOKのレストランも多いのでぜひ利用を。イートインスペースのないテイクアウェイ専門店もあります。

テイクアウェイ専門店で多いジャンルが、フィッシュアンドチップス、中華、ローストの3つ。フィッシュアンドチップスとローストはとてもニュージーランドらしい料理なので滞在中、一度は試してみたいところ。イギリスの伝統を汲んだ「サンデーロースト」も普及しています。これはその名の通り、日曜日にローストした肉や野菜を食べる習慣です。中華のテイクアウェイ専門店でローストを扱っていることもあります。

こちらもチェック!
ニュージーランドのスーパーマーケット

人気店やファインダイニングはコアタイムを外して利用

人気レストランやアップマーケットのダイニングにも行ってみたいけど、そうした店はカップルやグループでの利用がほとんどで、ひとりだと居心地が悪く感じることも。そんな場合は開店直後などピークの時間を外して出かけましょう。比較的空いている時間帯であればスタッフの対応もよく、周囲の利用客の姿も気になりません。ファインダイニングなら回転の速いランチが狙い目です。

なお、ニュージーランドでは、ファインダイニングでもドレスコードは気にしなくていい場合がほとんどですが、ラフすぎる服装はマナー違反なので注意。ドレスアップする必要はありませんが、ある程度おしゃれをして出かけたほうが気分も上がり、よりいいサービスが受けられるでしょう。

ホテル併設のレストランやバーへ!

ホテル内のレストランやバーは出張で訪れたビジネスパーソンなど単身者も多く、一人でもリラックスできます。宿泊しているホテルならチェックアウト時にまとめて精算できるうえ、夜遅くなっても帰りの心配がないので安心です。