第2回 ニュージーランドワインの魅力を知ろう!~ワインの産地~

ニュージーランドワインの魅力を知ろう!~ワインの産地~

ニュージーランドのワイン産地はほとんどが東海岸に存在します。その理由は国の中央に連なる山脈が西側からの雨を遮り、葡萄作りには欠かせない乾燥と日照時間を東海岸にもたらすため。唯一内陸にあるセントラル・オタゴは、冷涼な気候に合うピノ・ノワールの栽培が盛んです。

ニュージーランドの主なワイン産地と特徴

ニュージーランドのワインマップ

北島の主な産地

ノースランド/Northland

1819年にニュージーランドで初めて葡萄が植えられた地方。国内でもっとも温暖なエリアで、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネが生産されています。拠点となる都市はファンガレイ。

オークランド/Auckland

大手ワインメーカーが点在するエリア。オークランドの北西に位置するヘンダーソン、クメウは比較的古くからある産地です。

ワイヘキ島や北部のマタカナはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローといったボルドースタイルの赤ワインの名産地として有名。試飲ができるセラードアのほか、おしゃれなレストランを併設したワイナリーも多く、地元の人の結婚式会場にもよく使われます。拠点となる都市はオークランド。

ワイカト&ベイ・オブ・プレンティ/Waikato & Bay of Planty

ほかのエリアと比べて湿度が高いことが特徴。シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、ソーヴィニヨン・ブランなどが作られています。ワイカトでは貴腐ワインも生産されています。拠点となる都市はハミルトン(ワイカト)、タウランガ(ベイ・オブ・プレンティ)。

ワイカト&ベイ・オブ・プレンティ

ギズボーン/Gisborne

世界で最も東に位置するワイン産地。栽培されている葡萄の種類の約半数がシャルドネで、「ニュージーランドのシャルドネの首都」とも称されています。

この地で造られるシャルドネはすっきりとした飲み口が好評。最近はゲビュルツトラミネールやシュナン・ブラン、リースリングなども生産されています。拠点となる都市はギズボーン。

ホークス・ベイ地方/Hawke’s Bay

ニュージーランドで2番目に大きなワイン産地。西側に山脈がそびえていることから年間を通して雨が少なく、乾燥した気候と夏の気温の高さが葡萄を成熟させます。

現存する国内最古のワイナリーがあることでも知られ、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、ピノ・ノワールなどさまざまな種類の葡萄が栽培されています。ボルドースタイルのワイン造りが主流です。拠点となる都市はネイピア。

ワイララパ/Wairarapa

1980年代からワイン作りを始めた比較的新しい産地。夏は暑く秋は乾燥するエリアで、ピノ・ノワールが有名です。拠点となる都市はウェリントン。

ワイララパ
Photo: © New Zealand Winegrowers

南島の主な産地

マールボロー/Marlborough

南島北東部にあるマールボロー地方はニュージーランド最大のワイン産地。国内最長の日照時間と水はけがよくミネラルを豊富に含んだ土壌は葡萄の栽培に最適。この地で誕生したソーヴィニヨン・ブランによって、ニュージーランドワインは国際舞台で脚光を浴びるようになりました。拠点となる都市はブレナム。

ネルソン/Nelson

南島北端部のネルソン地方は長い日照時間と温暖な気候から果樹園が多いことで有名。主にシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング、ピノ・ノワールを生産しています。拠点となる都市はネルソン。

ネルソン
Photo: © New Zealand Winegrowers

カンタベリー/Canterbury

1970年代後半からのワイン産地であるクライストチャーチ周辺と、近年急成長を遂げている新しい産地ワイパラの2つの地区に分かれています。

涼しく乾燥した気候に合うピノ・ノワール、シャルドネ、リースリングなどの栽培が盛んです。拠点となる都市はクライストチャーチ。

セントラル・オタゴ/Central Otago

南島南部のセントラル・オタゴは、世界最南端にあるワイン産地です。ニュージーランドのほかのエリアとは異なり、朝晩と夜、また季節による気温差が激しい大陸性気候に属しています。

冷涼な気候に適したピノ・ノワールの生産が盛んでワイン造りの歴史は浅いものの、近年急速に発展しています。拠点となる都市はクイーンズタウン。

セントラル・オタゴ

ワイナリーツアーでワインの魅力に迫ろう

各産地のワインの魅力を深く知るには、知識豊富なガイドが案内するワイナリーツアーに参加するのが最良の方法です。ワインの製造過程や葡萄畑が見学でき、試飲やその場で購入することもOKです。

ワイナリーツアーの申込みはこちら

この記事のシリーズ

第1回 ニュージーランドワインの魅力を知ろう!~ワインの種類~
第3回 ニュージーランドワインの魅力を知ろう!~専門家おすすめのワイン~