ニュージーランドで楽しみたい優雅なハイティー

ニュージーランドで楽しみたい優雅なハイティー

ニュージーランドでは紅茶よりもコーヒーの文化のほうが発達していますが、イギリス文化圏ということもあり、上質なハイティーも楽しめます。午後のひとときを優雅に過ごしてみませんか? おすすめのハイティースポットをご紹介します。

ハイティーとアフタヌーンティーの違いとは?


Photo: © Peace and Plenty Inn

ハイティーとは1840年頃にイギリスで始まった習慣で、3段トレイでサーブされる軽食とともにお茶を楽しむもの。日本では「アフタヌーンティー」という名称のほうが知られていますが、ニュージーランドでは一般的にハイティーと呼びます。

現在、この2つに明確な違いはありませんが、厳密にはアフタヌーンティーがスコーン、ケーキなどのおやつ系をいただくのに対し、ハイティーはより食事に近く、本来は肉・魚料理なども供されるものだったそうです。ちなみにニュージーランド英語では夕食のことを「ディナー(Dinner)」ではなく、「ティー(Tea)」と表現することもよくあります。

おすすめハイティースポットはココ!

ビクトリアンスタイルのハイティー/ピース&プレンティ・イン(オークランド)


Photo: © Peace and Plenty Inn

デボンポートにある1880年代に建てられたビクトリア調の邸宅でいただく本格的なハイティー。アンティークのティーセットとシルバーウェアでサーブされるスコーンやサンドイッチ、ミニカップケーキをお茶とシャンペンとともに堪能できます。イギリス王室風のおしゃれをして出かけたいクラシックな雰囲気も魅力です。

Victorian High Tea at Peace and Plenty Inn

住所:6 Flagstaff Tce., Devonport, Auckland
電話:09-445-2925
時間:土・日曜12:00~16:00、要予約
料金:NZ$45
URL:http://highteas.co.nz/

こちらもチェック!
おしゃれで快適なオークランドの個性派ホテル

高級ホテルの優雅なアフタヌーンティー/ザ・ランガム(オークランド)

高台にあるファイブスターホテルのラウンジ「パームコート」でいただくゴージャスなアフタヌーンティー。ザ・ランガム・ロンドンで140年以上続くアフタヌーンティーの伝統を受け継いでいます。使用される食器はすべてウェッジウッドで、専属のティーソムリエが選んだお茶のセレクションも秀逸。ホテルのシェフが手がけるサンドイッチやケーキも上品な味わいです。追加料金でシャンペンをオーダーすることもできます。

Afternoon Tea with Wedgewood

住所:The Langham Auckland, 83 Symonds St., Auckland
電話:09-300-2924
時間:月~土曜11:30~14:00、14:30~16:30、日曜11:30~13:30、14:00~16:00、16:30~18:30、予約が望ましい
料金:月~土曜NZ$54~、日曜・祝日NZ$64~
URL:
www.langhamhotels.com/en/the-langham/auckland/dining/afternoon-tea-with-wedgwood/

都会的でモダンなハイティー/ホテル・デブレット(オークランド)

オークランドのシティ中心部にあるポップでおしゃれなブティックホテルの週末限定ハイティー。レモネードスコーン、ライム&メレンゲパイといったスイーツのほか、南島アカロア産サーモンのスモーク、カニとアボカドのサルサなどおかず系の軽食も充実。好みの紅茶が選べるほか、ニュージーランドの名ワイナリー、クラウド・ベイのスパークリングワイン1杯が付いてきます。

High Tea at Hotel DeBrett

住所:Hotel DeBrett, 2 High St., Auckland
電話:09-925-9000
時間:土・日曜15:00~17:00、予約が望ましい
料金:NZ$55
URL:www.hoteldebrett.com/high-tea-auckland/

アワード受賞歴を誇る個性派ハイティー/ヒポポタマス(ウェリントン)

ウェリントンにあるヒップなホテル、ミュージアムホテル内にあるダイニングでいただくハイティー。ハイティーの世界大会で2015年度のチャンピオンに輝いた実力派です。スイーツ系&おかず系のバランスも素晴らしく、好みのお茶のほかコーヒーを選択することもOK。追加料金でスパークリングワイン、シャンペン、カクテルも注文できます。

High Tea at Hippopotamus

住所:Museum Hotel, Level 3, 90 Cable St., Wellington
電話:04-802-8935
時間:水~日曜14:00~16:30、予約が望ましい
料金:NZ$39~
URL:www.hippopotamus.co.nz/high-tea/

美しいガーデンを眺めながらいただくハイティー/オルアワロ・ホームステッド(ホークス・ベイ)

約150年前に建てられた瀟洒な邸宅でハイティーのサービスが行われています。ここは結婚式などの会場に使われているホームステッド(農場主の邸宅)で、広大な敷地内のガーデンや田園風景の眺めが楽しめることもポイント。天気がいい日は外のテラス席でいただきましょう。手頃な料金も魅力です。

Oruawharo High Tea

住所:379 Oruawharo Rd.,Takapau, Hawke’s Bay
電話:06-855-8274
時間:10:00~17:00、予約が望ましい
料金:NZ$20~
URL:www.oruawharo.com/hightea.html

アジアのテイストを取り入れたエキゾチックなハイティー/ジーロン・エステイト(ハミルトン)



今やニュージーランドの名産品のひとつとなった国内唯一の烏龍茶ブランド「ジーロン」のハイティー。茶畑を望む直営ティーハウスでサーブされているもので、烏龍茶とマッチングするメニューが特徴です。事前にリクエストすればグルテンフリーやベジタリアンにも対応可能。ここでしか味わえないユニークでおいしいハイティーを満喫しましょう。

High Tea at Zealong Tea Estate

住所:495 Gordonton Rd., Hamilton
電話:07-853-3018
時間:火~日曜11:00~15:00、予約が望ましい
料金:NZ$42
URL:https://zealong.com/zealong-tea-house-restaurant/