法的年齢制限

お酒・たばこの年齢制限

ニュージーランドでは、法律で18歳から飲酒、喫煙が認められています。
店が18歳未満の人にこれらを売ると高額な罰金が科せられ、販売権も剥奪されるので、25歳以下に見える人は身分証明書の提示が求められ、年齢を証明できない場合は、売ってもらえません。 特に、日本人は比較的、年齢よりも若く見られるので、スーパーマーケットや酒屋でお酒やタバコを買うとき、またパブやバーへ行くときは、パスポートを持って行きましょう。日本の国際運転免許証は身分証明として認められません。

カジノへの年齢制限

カジノが合法のニュージーランドでは、全国の主要都市にカジノがあります。カジノに入店できる年齢は法律で20歳からと決まっています。 警備員が立っており、若く見える人の場合、身分証明書の提示を求められるので、必ずパスポートを持っていきましょう。また、正装する必要はありませんが、ビーチサンダルや男性のショート/ハーフパンツでは入店できません。