ビザ

ビザの有無

旅行の期間によりますが、日本のパスポートを持っている人なら、3カ月以内であれば、ビザは必要ありません。ただし、ニュージーランドを出国できる航空券を持っていることが条件となります。

そのため、もしそのまま日本へ帰国するのではなく、どこか違う国へ行く場合は、その国への航空券を持っている必要があります。

3カ月以上になる場合は、観光ビザが必要になります。観光ビザは、最長9カ月までの取得が可能です。1年間かけてゆっくりとニュージーランドを旅行しようと計画しているのなら、ワーキングホリデービザを取得するのも良いかもしれません。

2019年10月より観光ビザ(ETA)の申請が必要です

ニュージーランド 移民局が10月より3ヶ月以内の観光でもETA(電子ビザ)の申請が必要と発表しました。2019年5月現在、申請用サイトは準備できていませんが、7月よりウェブサイト、アプリの開設となる予定です。観光ビザに関する詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

パスポートの残存期間

ニュージーランドへ入国するのに必要なパスポートの残存期間は、滞在期間プラス3カ月間です。出発前にパスポートの有効期限を必ず確認しておきましょう。もし、残存期間が足りないようなら、住民登録をしている各都道府県のパスポート申請窓口へ。パスポートの申請をしてから受領までには1週間ほど(土・日・休日を除く)かかるので、余裕を持って早めに確認しておきましょう。