ウエストランド国立公園

ウエストランド国立公園

南島の西海岸中央、ニュージーランド国内の最高峰であるアオラキ/マウント・クックの西側に位置するウエストランド国立公園。海岸線近くにサザンアルプスがそびえ立ち、世界有数の氷河地帯として有名な国立公園です。

氷河発見の歴史

この国立公園に140近く残る氷河の中でも、見どころは、2つの氷河です。1865年に探検したオーストリアの地理学者が自国の皇帝にちなんで名付けたフランツ・ジョセフ氷河と、1872年に訪れた後のニュージーランド首相、ウィリアム・フォックス卿に由来するフォックス氷河。

それぞれには同じ名前のベースタウンがあり、中心部には宿泊施設やレストランのほか、氷河アクティビティや周辺のウォーキングルートの情報を入手できる旅行・観光案内所があります。

氷河-大自然の造形美を満喫するアクテビティ

青白く光る氷のトンネルや深いクレバスなど、歩きながら大自然の魅力に触れるには、氷河ウォーク(フランツ・ジョセフとフィックス氷河)やヘリハイク。氷河ウォークは、往復1時間の初心者コースから往復8時間の上級者コースまであります。氷河に直接触れながら大自然を満喫できる満足度の高いアクテビティです。

ダイナミックな自然の造形を空から眺めるには、ヘリコプターや小型飛行機での遊覧飛行がおすすめです。世界各地で温暖化による氷河の縮小が懸念されているなか、フランツ・ジョセフとフィックス氷河は40年ほど前の状態に戻っている、という説があるほど貴重な存在です。

主要都市からのアクセス

バス
クライストチャーチから約10時間~10時間30分
クイーンズタウンから約7時間~8時間

ウエストランド国立公園人気観光スポット

フランツ・ジョセフ氷河

フランツ・ジョセフ氷河

ウェストランド国立公園にあるフランツ・ジョセフ氷河には、マオリの伝説が...

フォックス氷河

フォックス氷河

ウェストランド国立公園にあるフォックス氷河は、山頂に抱かれた4つの氷河...