カウリコースト

カウリコースト

ノースランドの西海岸一帯はカウリ・コーストと呼ばれるカウリの森の保護区です。カウリとはニュージーランド固有の巨木で、かつてはこの国にたくさん生育していましたが、19世紀の開拓時代に乱伐され、今ではほとんど残っていません。カウリ・コーストではそんな貴重なカウリの大木を観察することができます。

有名観光スポット森の神様「タネ・マフタ」

カウリ・コーストにあるワイポウア・フォレストは、このエリアの観光の目玉スポットです。ここには国内に現存するもののなかで最古のカウリ「タネ・マフタ」が見られます。タネ・マフタとはマオリ語で“森の神”という意味で、樹齢は1250年から2500年の間といわれ、樹高は51.2mにも及びます。ワイポウア・フォレストにはほかにも幹の胴回りが国16.41mと国内最大で、マオリ語で“森の父”と呼ばれる「テ・マトゥア・ナヘレ」もあります。

カウリのすべてがわかる博物館

カウリ・コースト南端の小さな町マタコヘに、カウリに関するさまざまな展示物を集めた博物館があります。一見、こじんまりとした博物館ですが、内部は広く、カウリ産業の歴史から長い年月をかけて形作られるカウリガム(琥珀)、カウリ製の家具までカウリのすべてを網羅しています。カウリ・コーストを訪れたらはずせない観光スポットです。

主要都市からのアクセス

バス
オークランドから約3時間10分

カウリコースト人気観光スポット

ワイポウア・フォレスト

ワイポウア・フォレスト

ワイポウア・フォレストはニュージーランド原産の貴重な巨木カウリが見られ...

トラウンソン・カウリ・パーク

トラウンソン・カウリ・パーク

カウリコーストと呼ばれるノースランドの西海岸。かつてこのエリアは、ニュ...

カウリ博物館

カウリ博物館

カウリ博物館は小さな町マタコヘにあります。カウリ博物館はニュージーラン...