アーサーズ・パス国立公園

アーサーズ・パス国立公園

東西を結ぶサザンアルプス峠の高山地帯

南島中央を横たわるサザンアルプスの北端の峠、アーサーズ・パス。サザンアルプスの中で、最も標高の高い峠です。昔からマオリの人々が翡翠(ひすい)を求めて、また東海岸と西海岸を結ぶ輸送ルートとして使われてきました。

アクセス困難だった峠に鉄道が開通

峠の名前は、1864年にこの峠道を開通した測量士のアーサー・ドブソンに由来します。1866年には馬車の通れる道路が開通しましたが、険しい山道は難関のルートでした。山岳地帯を8.5kmのトンネルで結ぶ大工事により、1923年に鉄道が開通。アクセスが容易になると、高山地帯の山岳観光地として人気が出るようになりました。今現在、クライストチャーチからは「トランツ・アルパイン」が1日一便往復しており、鉄道の旅が人気となっています。

悠久の自然でトレッキングを楽しむ

アーサーズ・パス国立公園内には、最高峰のマーチソン山(標高2,400m)を筆頭に、標高2000mを超える山々が連なります。アーサーズ・パスの街を起点に、往復1時間のショートトラックから8時間の本格的な登山ルートまで整備されているので、トレッキングを満喫できます。氷河によって形成された深いU字谷や高山植物の花々、砂利の川原と広大なブナの林、温帯雨林に囲まれた深い谷間に流れる川など、高山地帯の景色を満喫できます。また、生物学者によって建てられたロッジに宿泊し、自然に関する知識を深めるエコツアーに参加するのもおすすめです。

主要都市からのアクセス

鉄道
クライストチャーチから約2時間30分
バス
クライストチャーチから約2時間30分

アーサーズ・パス国立公園人気観光スポット

アーサーズ・パス国立公園のショートウォーク

アーサーズ・パス国立公園のショ…

アーサーズ・パス国立公園の魅力は、歩きなれていない人や小さな子どものい...